転職・年収情報/求人サイトランキング

MENU
Home > 20代のタクシー運転手の実数と応募者が増加している背景について

タクシー運転手として働く人の多くは50代や60代などの高齢の男性が多いです。ほかの業界で定年退職をした人でも働けるのがその主な理由です。そして、若年層には人気があるとはいえなかった仕事であるのも、高齢の男性が多い理由のひとつです。しかし今、20代のタクシー運転手が増加しており、若年層の採用に力を入れる運送会社も多いです。20代のタクシー運転手が増えている理由はなぜなのでしょうか。

 

ワークバランスの重要性を考慮しての選択

 

かつて厚生労働省が公開しているデータで20代や30代のタクシー運転手は10%未満でした。今では大手タクシー会社で20倍に迫る募集増となり、定員数を大幅に引き上げました。働き手の高齢化は業界全体に深刻なダメージとなり、将来的に働き手が足りなくなる危惧もあります。高齢者を雇うのは一時的な対策であり、根本となる解決方法は若年層の採用にあります。

 

20代の新卒が就職活動を行うときに注目すべき点は仕事とプライベートを充実させるためのワークライフバランスです。また、転職活動を行うときも同様です。長時間勤務や残業代の未払いなどが社会問題となっている昨今において、過酷な労働をしたくないと思う人が多くなってきています。高い給与よりも適切な労働環境が整っている会社を選択することにシフトを切り替える人も少なくありません。タクシー運転手として働く場合、勤務形態は日勤、夜勤、隔日勤務から選択ができます。自分に合った働き方を選択できて、まとまった休みを取ることも難しくはありません。年収に関しても新卒の場合は初年度で平均およそ300万円であるものの、5年後には平均年収が600万円を超えています。売り上げに応じての歩合給が加算されるため、結果次第で初年度から平均年収を大きく上回ることも可能です。他業種の場合は年功序列で給与が決まり、結果が給与にすぐに反映されないので、モチベーションの低下につながる場合もあります。

 

未経験者でも安心してチャレンジできる

 

タクシー運転手として働くにあたって未経験であるのはハンデとはなりません。研修制度を設けている会社も多数存在し、ノウハウを理解したうえで働くことができます。稼ぐためのノウハウを理解するまでにはそう多くの時間はかかりません。経験を積んで集客努力をしていけば、自ずと結果はついていきます。現場で働く先輩からのアドバイスも参考にする方法もあります。

 

基本的にひとりで仕事を行うため、人間関係で深い悩みを抱えることは多くありません。若年層の場合は採用確率も高くて重宝されやすいのも、就職活動を行うにおいて自信を持てる理由になるでしょう。

 

 

最後に就く仕事から最初に就く仕事へ

 

タクシー運転手の仕事は最後に就くものと考える人は少なくありません。若年層が敬遠する理由も最初に就くべき仕事ではないという意識が強いためです。しかし、自分の求める働き方ができて、待遇のよさや人間関係で悩むことがないといったメリットが注目されて若年層の応募者は増加の一途をたどっています。仕事ばかりの生活ではなく、プライベートを充実させたいと考える人に適している環境が整っています。

 

まとめ

 

かつて10%未満であった若年層のタクシー運転手の数は今後増加の一途をたどっていくと予想されています。高齢の男性が選択する仕事である認識はなくなりつつあり、仕事とプライベートを充実できるワークライフバランスを重要視する人にとって魅力的な仕事です。未経験者であっても研修制度が設けられているため、何も問題なくスタートできる安心感もあります。売り上げに応じてすぐに給料が上がるという歩合給の魅力も大きく、勤務形態も選択が可能です。