転職・年収情報/求人サイトランキング

MENU
Home > 女性タクシー運転手の実態に迫る!やりがい、難しさ、楽しさとは

タクシー運転手の仕事は男性の仕事と認識されている人も多いですが、女性の需要が高まりつつあります。なぜ女性の働き手が増えてきているのでしょうか。それは女性ならではの難しさや楽しさがあるとともに、やりがいもあるからです。そして、特に注目すべきは稼げる仕事と認識され、働きやすい環境が整備されていることです。

 

タクシー運転手の仕事は稼げる認識

 

全国のタクシー運転手の平均年収は300万円弱であり、都内の場合はおよそ380万円となります。東京都の大手の会社の場合はおよそ450万円が平均年収となり、高い数字です。今の時代においては稼げる仕事はそう多くはなく、女性がこの職業を選択する理由のひとつになっています。また、女性の活用に向けてさまざまな取り組みも行われています。最低月収の保証や保育園や幼稚園との提携などは、女性の活用の後押しになります。会社側が女性の働きやすい施設や勤務形態の整備に取り組み、労働環境に関係する情報の公表することは、政府の目標となっています。未経験の女性でも問題なく応募できるため、働くにあたっての環境の整備がそのまま応募数増加に繋がっています。観光客の増加やアベノミクスによる景気回復などの要因によって、実数が足りていません。

 

女性であっても仕事内容自体の基本は変わらず、街中を走りながらお客様を見つける、あるいはお客様を待つ付け待ちなどです。そして、キッズタクシーの場合は固定客の送迎が主になります。ハイヤーの場合も同様です。ドライビングスキルのみならず、接客やマナーのスキルも学ぶ必要があるので、研修制度も設けられています。働き方も日勤、夜勤、隔勤から選択ができるため、自分の求める働き方を選択することは難しくありません。平成2年には女性の働き手の数は1%以下でしたが、平成11年にはおよそ2.3%に増加しおり、活躍できるチャンスは多くあります。

 

女性タクシー運転手の難しさと楽しさとは

 

女性タクシー運転手になるのは、自分の求める働き方を選択できて、集客努力次第で稼げことが大きいです。さらに、実業務においては細やかな接客対応でおもてなしができるとともに、女性や幼い子供のお客様にも安心を提供できます。働く難しさとなるのは、夜勤を選択した場合における体力面です。また、男性客のセクハラ被害に遭う可能性もあります。しかし、ドライブレコーダーの普及に伴って、この被害は減少傾向にあります。

 

今後女性の進出が活発化する

 

これからタクシー業界に女性の進出はさらに活発化すると予想されています。これは、タクシー運転手の高齢化に伴う人材不足を解消する目的もあります。積極的に女性の採用に踏み切る方針を示している会社も少なくありません。かつては男性の仕事と認識されていましたが、女性でも安心して働きいて活躍することができると認識されつつあります。女性だからこそ求められる仕事内容もあります。子供の送り迎えや妊婦や赤ちゃんの送迎、さらにはおじいちゃんおばあちゃんの送迎については女性ならではの安心感を求めるお客様も少なくありません。女性では活躍できないのではなく、女性だからこそ活躍できるシーンも多いのが事実です。

 

まとめ

かつては男性の仕事と認識されていたタクシー運転手の仕事が、女性の進出も多くなってきています。今後さらに活発化していき、活躍の場は大いにあると考えて問題ありません。求める働き方を追求できるとともに、稼げる可能性もあります。また、女性が安心して働くにあたっての環境の整備もされています。女性であるからこそ活躍できるシーンも少なくありません。女性特有の細やかな気遣いは接客において重宝され、やりがいにもつながっていきます。