転職・年収情報/求人サイトランキング

MENU
Home > 女性のトラック運転手事情について詳しくご紹介します

女性のドライバー

 

男女雇用機会均等法によって、今まで男性の仕事と考えられていたような職業にも女性がついていることが珍しくなくなった現代社会ですが、トラック運転手に関してはまだまだ男性の仕事というイメージが強く、男性よりは少なく思えますが、それでも昔に比べればどんどん増えてきています。
ここでは男性よりきついと考えられるトラック運転手として働くことについてご紹介いたします。
 

トラック運転手の年代比ときついと考えられる理由

 

トラック運転手の業界は男女問わずドライバー不足となっています。これを打開するため、厚生労働省や全日本トラック協会などが、男性よりドライバーを増価させるような運動を行っています。しかしながらまだまだ女性の割合は非常に少なく、トラック事業者の男女比における女性の割合は1%程度となっています。
また、年代別比率に関しては、30代40代が全体の9割近くを占めており、若いドライバーはほとんどいない状態になっています。
現状は非常に少ない女性のトラック運転手ですが、厚生労働省が増加を推進する運動を始めたのはほんの数年前からとなっており、これから増加する可能性が高いとされています。

 

 

きついと思われる男性よりトラック運転手が増える理由

 

長距離の運転や重い荷物の運搬が必要なため、体力や力が強い男性の仕事であるというイメージが強いトラック運転手ですが、時代の流れとともに女性でも働きやすい背景が出来上がりつつあります。
例えばフォークリフトなどの運搬用機器の浸透によって従来に比べて力が必要無くなっていたり、オンラインショッピングの普及により、小型荷物の一般宅への配送が増加したりと、従来に比べて力仕事ではないトラック運転手の仕事量が増加しているという背景が有ります。
また、持久力的な体力に関しては女性の方が高いという見解も有り、運転のみの長距離であれば男性より適性のある人は少なくありません。
もちろん、荷物の積み下ろしなどは小型のものであっても大量にあると体力や力を使いますが、昔に比べて男性しか働くことができないというイメージが払しょくされているのがトラック運転手業界の現状となっています。

 

きついと思われる男性よりトラック運転手になるメリット

 

男性よりトラックの運転手になるメリットについてご紹介します。まず、トラックの運転手は男女問わず人手不足の業界ですので、人材の需要は高いといえるでしょう。そのため免許さえあれば雇用の機会は非常に高く、就職しやすい業種となっています。免許に関しても会社によっては取得の支援を行ってくれるところも有りますので、福利厚生を調べて応募するといいでしょう。
まず、給料の高さが挙げられます。長距離運転手であれば働き方次第で月給50万円以上を稼ぐことができますし、中型以下であっても頑張れば平均よりも高い給料をもらうことができるでしょう。給料が一部歩合となっているケースが多い為、頑張りが給料に反映されやすいという点でもモチベーションにつながります。
あまり人づきあいが得意ではないという人には長距離のトラック運転手がお勧めです。もちろん、全くないというわけではありませんが、運転中はそれにのみ集中していればよい為、人付き合いが煩わしいという人にとってはメリットとなります。

 

まとめ

 

今回はきついと思われる男性よりトラック運転手として働く上での現状やメリットについてご紹介いたしました。現代社会ではトラックの運転手は男女問わず人手不足となっており、女性の雇用機会もどんどん増えてきています。今まで男性の仕事というイメージの強かったトラックの運転手ですが、女性でも働くことができる時代背景も後押しして、昔に比べて働きやすくもなっています。興味のある方はぜひトラックの運転手への就職を考えてみてはいかがでしょうか。