転職・年収情報/求人サイトランキング

MENU
Home > バス運転手を辞めたいときどうすれば良い?

バスの運転手を辞めたい理由の代表的なものとして「労働時間が長い」とか、「給料が安い」といったものがあげられます。
転職したとしても、次の職場で条件が良くなるとは限りませんけど、体調が悪化している場合などは、辞めたほうが良いこともあるでしょう。
バスの運転手を辞めたいと思う理由は人それぞれですが、辞めたいと思ったときにどうすれば良いかについてアドバイスします。

 

労働時間が長い

 

労働時間が長いという理由で辞める場合は、もっと労働時間の短い仕事を探す必要があります。どこのバス会社も基本的に朝が早く、夜の遅い勤務体系となっているため、ほかのバス会社に転職したとしても労働条件が解決しないことがあります。
労働時間が長いという不満で辞める場合の次の転職先としては、バス会社以外の仕事を選んだほうがいいかもしれません。
労働時間に不満があってバスの運転手を辞めたい人は、もっと自由に働くことのできるトラックの運転手やタクシーの運転手に転職しています。

 

給料が安い

 

働く時間に対して給料が安いことを不満に思っている場合は、もっと給料の良いバス会社に転職するのがよいでしょう。
バス会社によって待遇は異なりますから、もっと条件の良いバス会社を探しましょう。ただ、基本給は勤続年数に比例するため、今より給料が下ってしまうおそれもあるようです。
次の仕事を探す場合は、求人情報の給料欄をよくチェックするようにしてください。

 

体力的にキツイ

 

労働時間が長いということにも関係してきますけど、体力的にキツくて健康状態に問題が出ている場合などは、バスの運転手を続けたくても辞めざるをえません。
健康診断などで異常が出れば、休養を取るために休職しなければいけない例もあります。

 

対人関係が悪い

 

バス会社の対人関係に不満がある場合は、別の職場に変わることで人間関係に変化が出るため、悩みが解決する可能性があります。
会社の中に性格的に合わない人がいる場合は、辞める前に走る路線を変えてもらうことはできないでしょうか?
バス会社を辞めたいと訴える前に、もう少しできることがありそうです。

 

バスの運転手を辞める前に

 

バスの運転手を辞める前に、次の仕事をどうするかを考えておいたほうがよいでしょう。
別のバス会社に転職したとしても、今より好待遇となるかどうかはわかりません。
今の職場に勤めながら、休日などにほかの会社の面接を受けてみましょう。条件の良い会社に移ることのできる可能性はありますが、確実にステップアップできる職場に移らないと、条件が悪くなってしまうおそれがあります。

 

バス運転手の転職先

 
バスの運転手の転職先として運転の仕事を続けていきたい場合は、タクシー運転手やトラックのドライバーなどの仕事があります。運転の仕事を辞めて異業種に転職する場合は、志望の動機について考えてみましょう。
次の仕事の面接では、バス運転手を辞めたい理由と転職先に応募した理由を聞かれます。
辞めたい理由が自分の中でしっかりと整理されていて、次の仕事に応募する理由がハッキリしていれば、転職に成功しやすくなるでしょう。
 

まとめ:辞める前に原因と向き合いましょう

 
バス運転手を辞める前に考えていただきたいことがあります。
辞めたいと思う理由を一つ一つ紙に書き出し、原因を探ってみてください。また、次の仕事は何をするのか、じっくり考えてみましょう。
やりたい仕事があり転職を考えている場合はいいですけど、別のバス会社に移ったとしても、現在抱えている問題を解決できないこともありそうです。
ただ、疲れがたまって体調を崩している場合や精神的にダメージがあるなどの健康問題が出ている場合は、早急に転職することをおすすめします。