転職・年収情報/求人サイトランキング

MENU
Home > バスドライバーのメリットや大変なところ

バスのドライバーのメリット

 

お休みが決まっていて、給与が安定しているところがいいところ
バスのドライバーのメリットは、決まったルートを走るので地理に詳しくなくてもすぐに覚えられます。
ちなみにバスのドライバーの平均年収は400万円程度となります。
バスのドライバーは、勤務時間も比較的残業が少なく定時上がりの事業所も多いので(観光バスや夜行バスなどを除く)、給料的にも勤務形態的にも安定した生活が得られるのがバスドライバーならではのメリットです。
ただ一方でトラックやタクシーとは異なり、運転の時間帯が決まっているので眠気を感じたからといって休憩や仮眠をとることができません。また頑張った分だけ稼げるというわけではないので、稼ぎたいというよりは安定して働きたいという方に向いているでしょう。

 

 

バスのドライバーの現状・厳しいところ

 

乗り合いバスであれば時間は不規則ながら一応毎日家に帰れます。
また、事前に帰宅時間がわかっている場合が多く、残業続きの会社員よりいい部分もあります。
一方、貸し切りバスドライバーは家に帰れる保障はまったくない上に、仕事の有無も安定しません。
乗り合いバスに比べてマンネリ感はないので仕事に飽きることはなく、旅行好きにはいい仕事です。
バスガイドさんとも仲良くなれますが発言力はガイドのほうが強く、嫌われると干されます。
バスって結構事故多いんです。
普段通勤で乗っている人には意外な告白かもしれません。朝夕の通勤ラッシュではそこまで多くないので現役世代の方には知られていません。
バスの事故は日中に多いです。それも単独事故が大多数を占めています。
どのような事故が多いのでしょうか。バスドライバーが最も警戒すべき事故形態とはどんなものでしょうか。
バスのドライバーの需要は今後増えていくはずです。
これ自体は業界を目指している人にとっては朗報です。今後はコミュニティバスなどは増加が見込まれています。いわゆる「買い物難民問題」など高齢化社会に対応するための需要が増えていきます。
また、バスのドライバーは平均年齢が高いので定年退職が今後増えていきます。その穴埋めの求人が増えていきます。バスは一台につきドライバーが一人必要です。これだけは変えようがありません。なので路線数に応じた人員が必要です。
バス会社がコストの削減を給料カットしか出来ないのは人員削減がしづらいからです。
どのバス会社も1年中求人を行っています。なので求人は常に豊富にある、超人手不足の業界と言えます。

 

 

バスドライバーのやりがい

 

社会に貢献している喜び
バスは一度に大勢の人を乗せて走るため、安全な運転を心がけることはもちろん、車内で乗客同士のトラブルが起きていないか、具合の悪い人はいないかなど、さまざまなことに気を配らなくてはなりません。
快適で安心できるバスの運行は、ドライバーの力によって成り立っているのです。
責任の大きな仕事を任されていると思うと、「がんばろう」という気持ちが湧いてきます。また、路線バスでは公共交通機関としての役割を果たすため、「社会の役に立っている」という実感も味わえます。