転職・年収情報/求人サイトランキング

MENU
Home > バスの運転手の面接の注意点とは?

バスの運転手に応募する際に、面接が行われます。最初に、面接官に簡単な挨拶をしてから自己紹介をすることになります。
初対面の相手との会話なので緊張するかと思いますけど、明るく自己紹介をするようにしてください。
面接でよく聞かれる質問をはじめとして、面接を行う際の注意点についてご提案します。

 

面接を受ける前に

 

面接を受けるバス会社のホームページなどに目を通しておいてください。
たいていのことは、ホームページに記載してあります。ホームページに書かれているようなことを質問すると、勉強不足と思われることがあるようです。
ホームページの内容を覚えておくことで面接での会話がスムーズに行えますし、初歩的な質問をしてしまうことを防ぐことができるでしょう。

 

自己紹介の内容

 

バス会社の面接は、面接官と一対一で話す場合もありますが、複数の役員との面接になることもあります。
何を聞かれても落ち着いて姿勢を正し、話す人の目を見てハッキリと受け答えするように心がけましょう。
面接室に通されたら、挨拶をしてから自己紹介を行います。自分の名前をフルネームで伝えて、明るくハッキリと挨拶しましょう。
バスの乗務経験がある場合は、「観光バスに3年間乗務した経験があります」などと説明するのも、アピールになるでしょう。

 

よく聞かれる質問は?

 

面接でよく聞かれる質問の中に、バスの運転手になりたい理由や志望動機があります。必ず聞かれる質問ですから、スラスラと答えられるように練習しておいてください。
 
志望動機の中に、バス会社を選んだ理由をあげておくとよいでしょう。また、あなたの性格的な長所や短所なども面接で聞かれやすい内容なので、自分の長所や短所を簡潔に伝えることができるように練習しておきましょう。
採用してもらうための面接ですから、面接後にバス会社の社員になるということを頭において、短所はおさえがちに長所のほうをやや多めに話すのがいいかもしれません。

 

面接官に聞きたいこと

 

面接の最後に、面接官に「何か聞きたいことはありませんか?」などとたずねられますから、質問したいことをまとめておいてください。
そこで「聞きたいことは特にありません」などと答えてしまうと、会話はそこで終わってしまいます。
 
面接で大切なことは、なにごともなく無事に面接が終わることではなく、あなたについて面接官に印象づけることが大切ですから、会話の印象を強くする意味でも質問をしておいたほうがいいです。

 

面接の注意点

 
面接で聞かれたことに対しては、短く答えるように心がけてください。いくら性格的に明るくても、聞かれた内容について長々と話したり、なれなれしく接したりすると印象が悪くなりがちです。
面接官に質問する内容についても、仕事内容や勤務の心得といった前向きな質問にポイントをしぼりましょう。
 
いくら聞きたい内容と言っても、ボーナスの額や残業時間、社内の雰囲気などに関して突っ込みすぎる質問をすると、面接官に不快な思いを与えることがあります。
面接官に答えにくいことを質問される場合もありますけど、感情的にならず明るく答えるようにしましょう。

 

まとめ:面接はアピールの場であり、情報収集の場でもある

 
面接は、あなたがどんな人間なのかを面接官にアピールする場でもありますが、どんなバス会社なのかを確認する場でもあります。
だいたいの内容は、バス会社のホームページで確認することができますが、疑問に思ったことや不安に感じていることなどを面接で確認しましょう。
お互いに気持ちよくコミュニケーションを取ることができれば、面接官のあなたに対する印象が良くなり、採用へと結びつくでしょう。