転職・年収情報/求人サイトランキング

MENU
Home > バスの運転手の志望動機ってどうすれば良い?

バス会社の面接を受ける際に履歴書を提出しますが、志望動機の欄に何を書いていますか?
志望動機は、バス会社が運転手を採用する際の決め手になると言います。
バス会社へのアピールになりますから、志望動機の欄は空白にせずにしっかり書き込むようにしてください。面接のときに、採用されやすくなる志望動機の書き方についてご提案します。

 

バスの運転手に対する憧れ

 

「子供の頃からずっとバスの運転手になりたかった!」という熱い思いは、十分に志望動機となります。しかし、履歴書に願望だけ記入すると、小学生の作文のようになってしまうおそれがあります。
バスの運転手になりたいというセリフは、履歴書に記入するよりも面接で直接伝えたほうが効果があります。

 

バスに関する思い入れ

 

何か過去にバスを利用したときに覚えているエピソードはないでしょうか?
バスで経験した嫌な思い出とかのネガティブなものではなく、できるだけ良い体験のほうがよいでしょう。
 
バスの運転手に助けられた思い出などがあれば、ほかのバスに乗ったときのエピソードでもかまいませんから、志望動機としてあげておいてください。
あなたの貴重なエピソードから、面接官との会話が広がることもありそうです。

 

バス会社を選んだ理由

 

どこのバス会社でも良かったわけではなく、面接を受けたバス会社を選んだ理由を書きましょう。
たとえば、普段バス会社のバスを利用しており、対応が良かった点などについて書くと印象が良くなります。ほかのバス会社と比較して優れている点などを伝えるのも効果的だと思いますが、ほかのバス会社を悪く言いすぎるのはよくありません。
バス会社については、さりげなくほめる程度にしておきましょう。

 

接客業を希望

 

バスの運転手は大勢のお客様を運ぶ接客業ですから、志望動機として人の役に立ちそうな仕事を希望していることを伝えるのもよいでしょう。
バスは雨の日も風の日も、多くの人の交通の足となる大切な仕事です。
あえてバスの運転手が苦労しそうな点を志望動機にすることで、バス会社の面接で良い印象を持ってもらえるかもしれません。困難なことにあえて立ち向かう人というイメージがわくでしょう。

 

前職の経験

 
以前バスの運転をしていたことがある人なら、志望動機に前職の経験を書き込んでおくのもよさそうです。「良い思い出がたくさんあるから、次もバスの運転手になりたい」と記入しておけば、志望動機の文章の中にバスの運転手としての適正を見てもらうことができそうです。
履歴書以外に経歴書を添えると、よりくわしく前職の経験を伝えることができます。
面接官が経歴書に目を通すことで、志望動機がいっそう鮮明なものとなります。

 

志望動機を伝える際の注意点

 
面接で志望動機を伝える際には、履歴書に書いた志望動機と食い違いが出ないように気をつけてください。
履歴書に書いた志望動機をすっかり忘れていて、面接で違った志望動機を話すと、面接している人に違和感を与えてしまいます。
履歴書に書いた志望動機を、少しだけ深く掘り下げて説明するのがよいでしょう。
 

まとめ:面接の志望動機ではバスに対する思い入れがあるとよし

 
面接時の志望動機には、バス会社を選んだ理由やバスに関する思い入れなどを書いておくとよさそうです。
志望動機が直接採用の決め手にならなくても、志望動機から話がはずんで印象が良くなることもありますから、話のきっかけとしても志望動機の欄は空白にしておかず、しっかりと書き込んでおいたほうがいいです。
あまり真面目に考えすぎずに、素直な感想として志望動機を書くようにすると、読み手に感じよく伝わるみたいです。