転職・年収情報/求人サイトランキング

MENU
Home > バスの運転手の仕事は楽しいのか?

バスの運転は大勢のお客様を運ぶ仕事であり、責任が伴います。
特に大型バスを運転するには、それなりのテクニックが必要になるでしょう。
一日の労働時間が長いなどたいへんなこともありますけど楽しいことも多く、バスの運転が好きな人にとっては天職のようです。
バス運転手のやりがいやバスを運転する際の職業適性についてご案内します。

 

バス運転手のやりがい

 

バスは大勢のお客様を運ぶ仕事なために、安全に運転するのに大きな責任が伴います。
責任感の強い人にとっては、お客様のために働くことがやりがいに通じます。
お客様から乗車後に「ありがとう」とか「お疲れさまでした」といった声をかけられることもあり、感謝される仕事でもあります。
観光バスであればいっそうお客様と接する時間が多くなり、乗客が快適にバスを利用できるよう心がけなくてはなりません。

 

バスの運転手になった動機

 

バスを運転するきっかけとして、バスが好きで乗るのが楽しいというものがあります。
バスに乗ると乗り物酔いする人などは楽しいとは思えず、バスの運転手になりたいとは考えないでしょう。
バスを運転するにはたいへんなこともありますけどバスが好きだったり、バスの運転に強い関心があることでいろんなことを乗り越えられます。

 

運転が楽しい

 

「車を運転するのが楽しい」と言う、乗り物好きの男性は少なくありません。
特に車高のあるバスを運転することには、爽快感が生じるみたいです。
狭い道路をギリギリのところで曲がったり、道路の形状に沿って運転するにはそれなりのテクニックが必要になります。バスの運転を楽しいと思う人にとっては、運転が日々のやりがいに通じるようです。

 

バスの整備

 

運転手の仕事はバスを運転するだけでなく、乗車前にバスの状態をチェックしたり、バスの車両に関する知識などが求められます。
車をいじるのが好きな男性などは、「バスを整備するのが楽しい」と言います。
バス会社が決めたチェック項目を一つ一つ点検する作業なども、バス好きな人にとっては楽しい作業のようです。

 

バス運転手の待遇

 
勤めているバス会社によって待遇や福利厚生などが異なっています。
大きなバス会社になるほど、福利厚生が充実しています。バスを運転することにより与えられる特典として、「無事故表彰制度」や「社内表彰制度」のようなものがあります。
労働時間が長いと言われるバス運転手ですが、有給休暇以外に夏季休暇やリフレッシュ休暇などもそなえている条件の良いバス会社があります。
特に運動会やサークル活動などの各種娯楽が行えるバス会社に入社すれば、仲間も増えて楽しいのではないでしょうか。

 

バス運転手に向いている人は?

 
バスの運転手に向いているのは、お客様を大事にできる責任感の強い人です。
また、バスの運転を楽しいと感じる人も、バスの運転手に向いています。
運転自体を楽しいと思えないと、長時間の運転が苦痛になってしまうでしょう。
バス会社に勤めると運転以外に車両点検や整備などもしなければなりませんけど、これらを楽しいと思える人であれば、バスの運転は天職と言えるでしょう。
 

運転好きならバスの運転手はおすすめ

 
バスの運転手になった人の中には、バスの運転が好きな人が多いようです。
バスに乗っている時間を楽しいと考えられないと、かなりストレスのたまる仕事です。
また、大勢のお客様を運ぶ仕事なので、責任感の強い人はやりがいを持って働いています。バスが好きで整備などの知識があるだけでは、バスの運転手としては不十分です。
接客サービスですから、お客様と接することにやりがいを感じられる人が向いています。