転職・年収情報/求人サイトランキング

MENU
Home > バスの運転手に年齢制限はあるのか?

バスの運転手を募集する際に年齢を書く欄があり、対象年齢が記載されています。
バス会社は体力的に充実している若い人を採用する傾向はあるものの、バスの種類によっては高齢になっても働ける場合があるようです。
現代勤めている人に関しては定年の年齢が延長されて、嘱託という形で働く例もあります。バス運転手の募集時の年齢制限についてご案内します。

 

最年少のバス運転手

 

バスを運転するには、大型二種自動車免許が必要になりますが、免許を取得できる年齢は21歳以上となっています。
大型二種自動車免許を取得するには、普通自動車免許または大型一種自動車免許を取得後、3年以上経過している必要があります。普通自動車免許を取得できるのは18歳以上なので、21歳以上でなければバスの運転手になれないことになります。
 
ただ、バス会社の中には研修期間を設けているところがあり、研修期間中に21歳になればそこで大型二種自動車免許を取得することができるので、年齢制限に引っかかっている場合は、バス会社に相談したほうがよいでしょう。

 

募集時の年齢制限

 

バス運転手の募集時に年齢制限が記載されているバス会社があります。
募集時の年齢制限は、バス会社によりさまざまです。一般的なのは、応募時に35歳未満とされている年齢制限です。
 
20代~30代にかけては最も体力が充実している年齢であることから、この年代を募集しているバス会社が多いようです。しかし、政府の働き方の告知によって年齢制限の上限を設けないバス会社も増えてきています。

 

40代以上の応募

 

40代以上の人が応募できないかと言うと、そんなこともないようです。特にこれまでバスを運転してきた経歴を持つ人であれば、バス業界が人手不足ぎみなことでもあり、即戦力のほしいバス会社にとっては採用したいところです。
 
募集時に年齢制限が記載されているバス会社もありますけど、おおまかな目安なのでバスを運転したいと思っている人はバス会社に問い合わせてみたほうがよいでしょう。

 

バス運転手の定年

 

バス運転手の定年は何歳かですが、60~65歳を定年としているバス会社が多いようです。バスの種類によっては、70歳以上でも働けるところがあります。
定年が早いと言われているのは、高速バスや夜間バスの運転手です。大型バスや長距離バスを運転するにはそれなりの体力が必要になるため、若い人やスタミナのある人を中心に採用されています。

 

大型バスと小型バス

 
バス会社が所有しているバスには、大型のものと小型または中型のものがあります。一般的に、大型のバスのほうが運転は難しいとされています。
バスの運転に慣れていない最初のうちは小型か中型バスに乗り、運転に慣れてきたら大型バスに乗り換えるという例もあります。運転するバスの大きさによって年齢が分かれる例もあります。

 

スクールバスの運転

 
比較的年を取っても運転できるのは、走る距離が短いスクールバスです。スクールバスはだいたい走行距離が決まっていますから、体力的な負担が少なくすみます。
バス会社によっては時短で帰れるようなところもあります。高齢になって転職を考えているバス運転手は、スクールバスの運転に応募するのがおすすめです。

 

まとめ:バス運転手の年齢制限は21歳以上

 
バスの運転ができるのは、大型二種自動車免許が取得できる21歳以上です。
35歳未満を年齢制限とするバス会社は多いようですが、おおよその目安なのでそれ以外の年齢の方も、面接時に問い合わせてみるとよいでしょう。
一般的なバス運転手の定年は60歳~65歳となっていますけど、スクールバスのような運転距離の短いものになると、高齢になっても運転できる場合があります。