転職・年収情報/求人サイトランキング

MENU
Home > バスの運転手になるにはどうすれば良いのか?

バスの運転手になるためには、バス会社の募集に応募する必要があります。
バス会社は随時面接を行っていますから、申し込んでみてください。
面接の前に必要になるのは、大型二種自動車運転免許です。あらかじめ免許を取得しておけば採用されやすくなりますが、入社してから取得することも可能です。
バスの運転手になるために、どんな行動を取ればいいのかについてご案内します。

 

運転免許を取る

 

バスの運転手になるには、大型二種自動車運転免許が必要になります。
免許はバス会社に入社してから取得することも可能ですが、持っていたほうが採用されやすくなりそうです。
バス会社に勤務していた経験がある場合は、即戦力として雇ってもらえるでしょう。
大型二種自動車運転免許を取得する際には、普通自動車などで3年以上の運転暦が必要です。トラックのドライバーやタクシーの運転手などをしていた場合も、転職がスムーズになるでしょう。

 

路線バスと観光バス

 

バスの運転手になるにしても、路線バスや観光バスに分かれていますからどちらかを選んでください。
バス会社によっては、高速バスや夜間バスという選択肢もあります。
路線バスと観光バスでは、走る場所に違いがあります。路線バスは一般道を走っていますが、観光バスは観光地を走ります。
路線バスと観光バスでは応募条件が異なりますから、バス会社の面接を受ける前に、どちらの系統のバスを運行させているバス会社なのかを調べておきましょう。

 

バス会社の面接を受ける

 

バスの運転手を希望している人は、履歴書や経歴書を持ってバス会社の面接を受けてみましょう。条件しだいで面接に落ちる可能性もありますが、バス会社の面接がどんなものかを体験できます。
どんなバスを運転したいのか迷ったときには、いろんなバス会社の面接を受けてみてください。募集要項を見ただけではわかりにくい条件について直接質問することができます。

 

履歴書の書き方

 

応募する際の履歴書の書き方で重要なのは、志望動機の欄です。
志望動機には、なぜバスの運転手になりたいと思うのか、バス会社を選んだ理由などを書きましょう。過去にバスの運転手をしていたことがある場合などは、くわしい仕事内容を経歴書にまとめて書くとよいでしょう。
履歴書に貼る写真も、できるだけ写りの良いものを貼ってください。

 

バスの運転手に向いている人

 
バスの運転手に採用されれば大勢の乗客を乗せて路上を走ることになるため、強い責任感やプロ意識が必要になります。
 
面接の際には、バスの運転手に向いている人なのかどうかの適正が試されます。
バスの運転手になるには、バスの運転が好きなことはもちろんですけど、接客業なのでお客様の面倒をみたり、乗客のことを考えてバスを走らせる必要があります。
 
面接では、接客に向いている人なのかもチェックされます。ほかにバスの運転手は働く時間の長いハードな仕事ですから、体力的にタフなことなども必要な条件となるようです。

 

志望動機を伝える際の注意点

 
面接で志望動機を伝える際には、履歴書に書いた志望動機と食い違いが出ないように気をつけてください。
履歴書に書いた志望動機をすっかり忘れていて、面接で違った志望動機を話すと、面接している人に違和感を与えてしまいます。
履歴書に書いた志望動機を、少しだけ深く掘り下げて説明するのがよいでしょう。
 

まとめ:バスの運転手になるには面接を突破する必要があり

 
バスの運転手になるには、バス会社の面接を受ける必要があります。
面接を受ける際に必要になるのは、履歴書や経歴書を用意することと大型二種自動車運転免許を取得しておくことです。免許がなくても、バス会社に入社後に取得することも可能ですけど、運転に慣れていないと採用されにくくなります。
バスの種類として大きく路線バスと観光バスに分かれています。
高速バスや夜間バスという選択肢もあります。バスの運転手になるには、どんなバスを運転したいのか決めておく必要があります。