転職・年収情報/求人サイトランキング

MENU
Home > バスの運転手ってストレスたまるの?

バスの運転手は、決まった時間に決まった路線をのんびり運転しているイメージがありますが、実際はストレスがたまることが多いようです。
路上で遭遇するマナーの悪い車や理不尽なバスの乗客からのクレームなどにイライラさせられることがあると言います。
バスの運転手が抱えやすいストレスと発散方法についてご紹介します。

 

バスを運転するストレス

 

バスを運転していると、いろんな車に遭遇します。
むりやり割り込んでくる乗用車、クラクションを鳴らしながらあおってくるトラック、渋滞時に飛びかう怒鳴り声など、バスの運転手が直接の原因でなくても、路上にはマナーの悪い車がたくさん走っているようです。
 
そんなマナーの悪い車に遭遇すると、バスの運転手はストレスがたまります。
ちなみにマナーの悪い車が多く走っている土地柄のようなものがあり、走る場所によってバス運転手のイライラの度合いもかなり違ってきます。
 
バスの運転手を希望する際には、人気のある土地とない土地があるとのことです。渋滞しやすい道路などは、自然にマナーが悪くなりがちです。

 

車内事故のリスク

 

マナーの悪い車に遭遇するのは、バスの運転手も乗用車の運転手も一緒です。
バスの運転手がイライラさせられるのは、大勢の乗客を乗せているからでしょう。
マナーの悪い車を避けようとして急ブレーキをかけたりすると、乗せている乗客が転んでケガをする危険性があります。
 
車内事故が起きればバスの運転手の責任問題となりますから、安全運転を心がけているバスの運転手ほどイライラさせられるみたいです。
バスの運転手は、乗客が事故に巻き込まれるのを防ぐために、どうやってトラブルを避けるかについて常に考えています。私達乗客は、バスの運転手に感謝したくなりますね。

 

乗客からのクレーム

 

バスを運転していると、非常識な乗客からクレームを受けることがあるようです。
渋滞で目的地に着くのが遅いときや時間通りにバスが来ないときなどに、イラだってバスの運転手に当たり散らす人がいます。
 
怒ったところでどうしようもない場面で、怒鳴り散らす短気な人もいますから、相手をしなくてはいけないバスの運転手はたいへんです。
もちろんクレームを受けるばかりでなく、乗客に感謝されることもあります。

 

ストレスの発散方法

 

イラついたときにバスの運転手は、どのようなストレスの発散をしているのでしょうか?ストレスの発散方法として、カラオケに行って思い切り歌ったり、キックボクシングのジムに通ったりというものがあります。
バスの運転手のなかには、イライラした気持ちを落ち着けるために瞑想をしたり、書道をすることなどで穏やかな心境が保てるように努力している人もいるということでした。

 

休憩中にできること

 
バスの運転手は、休憩が多いことで知られています。
2~3時間バスを運転した後は休憩をはさむように決められています。
休憩中にストレッチ体操を行ったり、筋トレをしたり、軽い運動をすることでもストレス発散になるみたいです。
ちょっと長い休憩時間ができたときは、マッサージに行くとかサウナに入ることなどでも、リラックス効果が得られます。

 

まとめ:ストレス対策として様々ややり方を講じています

 
バスに限らずいろんな人がいますから、接客業に携わる人は多かれ少なかれストレスがたまります。バスの運転手の場合は、仕事柄路上を運転している最中に、さまざまなトラブルに見舞われます。
イラついたときにバスの運転手が行っているストレスの発散方法として、歌を歌ったりスポーツをしたり、好きなことをして過ごすようです。
また、バスの運転手には運転と運転の合間に休憩がありますから、ストレッチ体操をしたり筋トレをすることなどでストレス解消になります。