転職・年収情報/求人サイトランキング

MENU
Home > バスの運転手として働くメリットって?

バスの運転手が働く理由として、バスを運転するのが好きだったり、一般的な会社に比べて人間関係のわずらわしさがないことなどがあげられています。
バスの運転手が異業種に転職することは少なく、転職したとしても別のバス会社に移るか、トラック運転手などの運転する仕事に再就職する例が多いようです。
バス運転手が働く場合のメリットについて考えてみましょう。

 

仕事内容が安定している

 

バス会社に勤めている人は、長い間バスの運転手の仕事を続けてきています。
専門職ですからよほどのことがない限り、迷いなくバス運転手として働き続けていくようです。途中で転職することはありますけど、再びバス会社で働くようになるか、トラック運転手などの大型車を運転するという意味では、大きく職種を変わることはないでしょう。

 

バス運転手の免許

 

バスを運転するには、大型二種自動車運転免許が必要になります。
大型二種自動車運転免許を活かす職業には、バスの運転手以外にトラックの運転手の仕事があります。バスの運転手が運転以外の仕事をするというのは珍しく、多くの人はバスの運転をやめたとしても、せっかく取った大型二種自動車運転免許を活かす仕事に就きたいと考えるようです。
 
大型二種自動車運転免許を持っている人が少ないというメリットのおかげで、バスの運転手は転職がしやすくなっています。普通自動車の免許が必要になる仕事は多いですけど、大型二種自動車運転免許を必要とする仕事はそれほど多くありません。

 

バスの運転は面白い

 

バスは乗用車などに比べると車高があるため、運転が面白いみたいです。
狭い道路を大きなバスがギリギリの間隔で走っていますが、カーブをうまく曲がるにはそれなりのテクニックが必要になります。
 
バスを運転するのには爽快感があり、大きな喜びが感じられるとのことです。バスを運転するメリットというより、バスの運転が好きだから運転手をしている人がいるようです。

 

人間関係のわずらわしさがない

 

バスは一人で運転することから、普通の会社のようなほかの従業員との関わりは少なく、人間関係のわずらわしさがないというメリットがあります。
会社の同僚との関わりがまったくないということではありませんけど、同じ職場で顔を突き合わせる必要がない分だけ気楽なところがあるようです。
バスの運転手は多くの乗客と接しますから、接客的なわずらわしさはあるかもしれませんけど、いろんな乗客とのふれあいを楽しみにしているようなバスの運転手もいます。

 

平日休みや休憩がある

 
多くのバスの運転手はシフトを組んで運転をしていますから、平日に休むことや一日の中に休憩時間があります。土・日に休むことができない点や休憩時間が多いことが欠点となることもありますけど、便利なこともあるようです。
平日に旅行に行けたり、休憩時間に自由に行きたいところに寄るメリットがあります。

 

残業が少ない

 
一日の拘束時間が長いと言われるバス運転手ですが、これは途中に休憩がはさまれるためで残業とは関係がありません。
 
バスの運転手の勤務時間はきちんと決まっており、路線バスなどは運行スケジュールどおりに勤務しています。突発的に残業が発生するようなことはありませんから、ネットなどで噂されているほど不規則な仕事ではないでしょう。
 

まとめ:バス運転手ならではのメリット

 
バスの運転が好きな人にとって、バス運転手は天職と言えそうです。
車高の高いバスを運転することに爽快感を感じる運転手が多いようです。
不規則なように思われる勤務も、平日休みや休憩があることをメリットに考える人がいます。また、一般的な会社より人間関係のわずらわしさが少ないことなども、バス運転手を続ける上でのメリットとなっています。
転職するにしても異業種に移ることは少なく、大型二種自動車運転免許を活かした仕事に就くことになります。