転職・年収情報/求人サイトランキング

MENU
Home > ドライバー=つらい仕事?

ドライバー=つらい仕事?

 

ドライバーの仕事といえば、過酷な労働環境の割に給料も安く、苦しいばかりといったイメージを持つ人もいるかもしれません。
たしかに一部では、待遇面の改善を図らずに人が入っては辞め…を繰り返している会社もあるようですが、近年は法改正などによって、だいぶドライバーの労働環境が整ってきつつあります。
とくに近年は、高速バスの運転中、ドライバーの居眠りが原因で起こった死亡事故も発生しており、バス会社やドライバーに対する世間の目はますます厳しくなっています。
バス会社だけではなく、運送会社やタクシー会社も同様に、自社の労働環境を見直さざるを得ない状況になっています。
このような状況の中、透明性の高い経営と待遇面の充実ぶりをアピールして、若手を積極的に採用しようとする会社も増えています。
少しずつですが、ドライバーが働きやすい環境ができつつある時代に入っていると言えるのではないでしょうか。

また、各業界とも、最近では女性のドライバーの活躍ぶりが目立つようになっています。

 

 

安心して働ける会社を探そう

 

運送業界では、年々ドライバーの高齢化が進んでいると言われます。これは、前述したようなドライバーの仕事に対するマイナスイメージによって、若者の志望者が減少していることが大きな理由となっているようです。
しかし、ドライバーは日本の物流を支える重要な存在です。国の支援もさらに進んでいくことと予想されますが、もしドライバーを目指すのであれば、各社の給料や休暇制度、福利厚生などに関して時間をかけて調べておくべきでしょう。
経営方針が明確に示されているかも、会社選びの重要なポイントです。
「稼げなさそう」といったイメージで、ドライバーを目指すことを躊躇してしまう人もいるかもしれません。しかし、全てがそういうわけではありません。
安定した環境で、しっかりと休日をとりながらやりがいを持って働いている人もたくさんいますし、歩合制の要素が強いタクシー業界では、実力をつけて一般のサラリーマンより多くの年収を得ている人もいます。
一部のネガティブな情報だけで判断せず、しっかりと情報を見極めて、安心して働ける会社を選びたいものです。

 

 

運転好きにはたまらない仕事

 

ドライバーの仕事の一番の魅力は、毎日大好きな車に乗って、運転ができることだといえるでしょう。
何時間車に乗っていても苦にならないという人であれば、楽しく仕事ができるはずです。
もちろん、ただボーっと運転するだけではなく、より安全に、より効率的に仕事をすることを考えて、自分の理想通りに1日の仕事を終えられたときには大きなやりがいが感じられます。
また、大型バスやトラックなど、プライベートではなかなか運転できない車の運転ができることも、この職業に就いているからこそ。
制服に身を包んで颯爽と運転する姿は、みんなの憧れの的になるでしょう。

 

 

人に感謝されることが多い

 

自分の運転が誰かの役に立っていることを実感できることも、ドライバーの魅力です。
とくに路線バスのドライバーなどは公共性が高く、子どもからお年寄りまでさまざまな人が乗車するため、人や社会の役に立っている喜びを感じられる機会が多いはずです。
お客さまから「ありがとう」と言っていただけることは、働くうえでの大きなモチベーションになるでしょう。

 

 

実力次第で収入アップも望める

 

ドライバーは実力がつけばつくほど、業界で必要とされるようになります。
誰もが最初は未経験からのスタートですが、必要な資格を得て、難しい車両の運転もできるようになれば、その分だけ仕事の幅は広がっていきます。
もちろん、実力がつけば収入アップが期待できますし、より良い待遇の会社へ転職もしやすくなります。
タクシードライバーは歩合制のところも多いため、頑張り次第で稼ぎも変わってきます。
運転することが好きで、自分の力で勝負したい気持ちが強い人にとっては、とても向いている職業だといえるのではないでしょうか。