転職・就職情報/求人サイトランキング

MENU
Home > ドライバーに向いている人、適性

真面目にコツコツとがんばれる

 

あまりに乱暴な人や根気がない人は、ドライバーには向いていないかもしれません。

ドライバーは、いかなる場合も落ち着いて、確実な運転を心がける必要があります。
適当な運転をしていると、命に関わる事故を引き起こす可能性があるため、各バス会社やタクシー会社などでは、ドライバーとして仕事を始める前に適性テストを実施しています。
テストの内容自体はさほど難しいものではありませんが、何でもいい加減に取り組むのではなく、教わったことに対して常に真面目に取り組める人がドライバーには向いています。
日々、運転技術を磨こうという向上心も大切です。

 

 

人と接するのが嫌いでない

 

とくにタクシーやバスのドライバーは、ただ車を運転するだけではなく、お客さまとのやりとりも頻繁に発生します。
中には人と話すのがあまり得意でない人もいるかもしれません。ドライバーは決して話上手である必要はありませんが、
いつもお客さまのことをきちんと考えて安全な運行に努めることと、真摯な対応をとることが何よりも大切です。
人と接するのが嫌いでなければ、仕事を通じて徐々にお客さまとのやりとりにも慣れていくでしょう。

 

 

ストレスに強い

 

ドライバーの仕事は、肉体的にも精神的にもハードです。長時間座って運転し続けなければなりませんし、会社によっては勤務時間が不規則だったり、拘束時間が長いです。
渋滞などにハマってイライラすることもあるでしょう。その中で、いつも時間や安全を気にして運転しなければならないので、精神力も要します。
プレッシャーが大きな仕事なだけに、強い心と体を持っているに越したことはありません。