転職・年収情報/求人サイトランキング

MENU
Home > トラック運転手の面接時の志望動機についてご紹介します

トラック運転手の面接を受ける際に、志望動機はどのようなものが好ましいのでしょうか。面接官の心をつかんで就職してもらうために、どのような書き方が良いのか、どのようなアピールポイントが良いのか資格面も含めてご紹介いたします。

 

志望動機でやりたい仕事という気持ちを伝えよう

 

運転やドライブに関する仕事は少なくありません。自由に自分の時間を持てる、運転で全国や知らない土地を回り、観光や景色、そして自由があるなど、動機や目標、スキルアップは様々です。人手不足の業界で、実際にきついと感じる人も多いですが、仕事に誇りややりがい、そして日本の運送を支えています。もちろん資格も有利です。
そして何より、日本に必要な運送業界を支えているという事実があります。フェリーで長時間移動する場合もありますし、突発的な予定やクライアントの要望に対して、臨機応変に対応するという、まさに運送業界のかなめともゆうべき日本経済に必要な仕事でもあるのです。
運転自体が好きということを、いろんな地域へ行くのが好きという形で伝えても良いでしょう。
例文:私は運転することが大好きで、免許を取得してからはいろいろな地域へ時間を掛けてドライブするのが趣味です。長距離の運転が楽しく、かねてよりトラック運転手になりたいと考えていました。大型トラックの運転経験はありませんが、大型自動車免許は取得しておりますので、入社後は大型トラックの運転手として活躍したいと考えています。

 

志望動機で体力に自身がある

 

トラック運転手は、間に休憩時間があるといえど、長距離を長時間かけて運転するため、体力が必要ですし、重たい荷物を荷揚げ、荷卸ししなくてはならないため、力も必要です。宅配運転手の場合でも、一日中荷物を配達して回ったり、集荷して回ったりしなくてはならないので、同じく体力が必要です。ですので、机に向かって仕事をするよりも、体を動かして働きたいという人はその点をアピールポイントにすると良いでしょう。

 

若くやりがいのある仕事を探している、気力、体力が充実し新しいことに挑戦したい、荷物を持つことや、職場や業務を通して鍛えることをやりがいにしたい、仲間と一致団結して何かを達成したい、など動機は様々ですが業界として「人を大切にする」「仲間意識が強い」「義理や人情や助け合いを重視している」という人間味あふれる仕事という一面も持っています。昔気質の一面も持っている反面、だからこそ現代的なIT関連やデスクワーク、営業職とは違う、人と触れ合いを通して自分のスキルアップ、成長を目指したいのであれば大きな財産になります。

 

志望動機でライフスタイルが合っている

 

トラック運転手は一般の仕事に比べて拘束時間が長かったり、勤務時間が不規則であったりします。12時間近い拘束時間が珍しくなかったり、深夜帯に業務を開始して、よく深夜に自宅に帰ってくるということもありますので、そういったことを考えずに就職して、耐えられずにすぐに辞めてしまうという人も少なくありません。ですので、トラック運転手のそういった業務形態が自分の働きたいライフスタイルに合っているというのは強いアピールポイントとなります。

 

例文:私がトラック運転手に応募した理由は、業務形態が自分のライフスタイルに合っているからです。夜型の生活には全く抵抗がありませんので、夜に走ることが多い長距離ドライバーの業務も自分にあっていると考えます。一人でいることも好きですので、トラック運転手として働きたいと考えています。

 

まとめ

 

志望動機で新しい仕事に挑戦したい、資格を取りたい、全国を巡り見分を広げたい、そして自分のステップアップに広げたい、など様々な理由があるでしょう。そして、人間的に深い関係や構築を築き、日本経済の大動脈ともいえる経済に大きく貢献する仕事なので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。