転職・年収情報/求人サイトランキング

MENU
Home > トラック運転手の長距離と短距離よる1日の仕事内容の違いについて

一口にトラック運転手の1日といっても、どういった仕事内容かによってその日の流れは大きく異なります。最も注目すべきは長距離と短距離による違いです。「積む、運搬する、下ろす」といった基本的な仕事内容には変わりはないものの、時間に合わせて調整を行うことになります。移動距離や時間の指定によっても1日の流れは変化していくものです。

 

長距離の場合

 

一般的に長距離と呼べる距離は600㎞以上です。中距離の場合はおよそ600㎞となります。1000㎞の長距離を走行する場合の1日の流れの例としては、7時に出勤して運行管理者から点呼と健康管理のチェックを受けます。アルコールが残っている場合や睡眠不足の場合は仕事ができないからです。7時間半には積み込み場所に移動して積み込みを開始し、完了して伝票にサインして10時に出発します。12時頃には昼食をとってリラックスしましょう。その後に4時間に1回30分以上の休憩をとりながら、4時に目的地に到着し、およそ2時間の仮眠をとります。6時半に荷下ろしを開始し、8時半に荷下ろしが完了して伝票に受領印をもらって終了。最後に帰りの荷物の指示を待って帰路に向かいます。

 

長距離の場合は会社の運行指示書に従って長距離運行をすることになるため、その時々によって運行時間は異なり、体力的にきついと思えるシーンも多くなります。会社を出発してから次にまともな食事をとるのは翌朝となります。食事をとる場合は食べ過ぎないように気を付けないといけません。特に夜になると暗くなって睡魔との戦いもあります。タイトなスケジュールの運行計画であるため、楽しむという余裕はないかもしれません。しかし、月給にして50万円以上稼げるという魅力もあります。

 

短距離の場合の1日

 

短距離の場合は仕事の内容が大きく変わることはありませんが、1日の流れが長距離とは異なってきます。宅配便のトラック運転手で6時半に出勤する場合は、まず制服に着替えて配達区域内の荷物を積み、8時に出発します。個人宅住宅への宅配が中心となり、時間に合わせて配達を行っていきます。12時ごろに休憩と昼食をとるために営業所に戻り、13時30分から集荷業務を行っていくのが一般的です。お客様の自宅やコンビニや会社などを回り、16時に集荷した荷物を長距離輸送者へと積み替えを行っていきます。16時半には遅番のスタッフと引き継ぎを行って翌日のスケジュールを確認して終了となります。

 

大型トラックのトラック運転手で5時に出勤する場合はまずスケジュールを確認し、5時半にアルコールチェックおよび車両の点検も行っていきます。6時に目的地を目指して出発し、現場に到着して荷下ろしを行います。再び積み込み指示を受けて次の配送先へと向かい、12時半ごろに昼食をとりながら休憩します。現場に到着すれば荷下ろしをし、翌日配送の荷物の積み込みを終えて16時半には帰社し、当日分の業務報告書を作成して終了点呼を行うと終了です。

 

短距離と長距離の違いについて

 

同じトラック運転手でも短距離と長距離の1日の流れは大きく異なります。長距離の場合はまとまった荷物を輸送するため、拘束時間は長くなるのが特徴です。しかし、配達件数は少なくなります。短距離の場合は配達件数が多くなって拘束時間が短くなります。どちらであってもトラック運転手の平均年齢が上がり、人手不足が顕著です。年齢を理由にトラック運転手として働けないことはほとんどありません。平均年齢が上がっているからこそ、運転免許証を取得していれば誰にでもチャンスはあると考えて問題ありません。

 

まとめ

トラック運転手の仕事内容は「積む、運搬する、下ろす」が基本となります。しかし、長距離と短距離による違いがあります。長距離は配達件数が少なくて拘束時間が長く、短距離は配達件数が多くなって拘束時間が短くなります。収入においては長距離に分があるものの、年齢を重ねると体力的にきついと思えるシーンも多くなっていくでしょう。短距離は1日の流れがおおよそ決まっているのが特徴であり、年齢を重ねて体力が落ちた場合でも働きやすい環境です。