転職・年収情報/求人サイトランキング

MENU
Home > トラック運転手の結婚事情について詳しくご紹介します

 
独身のトラック運転手で結婚願望があっても、なかなか結婚できないと悩んでいる人も多いでしょう。トラック運転手は一人で動くことが多く、周りに気を遣わず気楽に独身生活を楽しんでいる人も多いですが、所帯を持つとなると障壁となる問題がいくつかあります。原因によっては転職で解決できるものも有りますので、トラック運転手が所帯を持ちづらい理由についてご紹介します。

 

出会いが少ない

 

トラック運転手の中でも、特に大型、中型の長距離ドライバーは、一人での作業や運転が多い為、なかなか出会いがありません。女性のトラックドライバーも増えてきていますが、一緒に仕事をする機会は少なく、なかなか仕事をきっかけに出会うことができません。
納品先で女性が検品を行ったり、事務員に女性が居れば話すことも有りますが、仕事中に女性と接する機会がかなり少ない職種ですので、仕事場で出会いを見つけるのは難しいでしょう。
出会いを求めるためには、仕事外でのプライベートで見つけるのが無難でしょう。

 

収入が少ない、安定しない

 

収入面で家族を養うのが難しく、所帯を持てない考えている人もいるでしょう。
トラックドライバーの給料形態は歩合制を採用しているところが多く、繁忙期には売り上げが多い為収入が増えますが、時期によっては給料が少なくなってしまうという人も少なくありません。このような給料の安定の無さが結婚の障壁となっているケースが有ります。
また、歩合と関係なく、全体的な給料が少なくて結婚できないと悩んでいる人もいます。しかしながら、トラック運転手の平均の給料は他の職種に比べて少なくなく、むしろ多いといっても過言ではありません。このようなケースは、転職をすることで解決できるケースが有ります。目安として、大型のドライバーで年収400万円以下、中型以下のドライバーで年収300万円以下の人は、転職することで年収を上げることができる可能性が高い為、給料が低くて結婚ができないと考えている人は、転職を検討してみてもよいでしょう。

 

拘束時間が長く勤務時間が不規則

 

トラック運転手、特に大型、中型トラックの長距離ドライバーは拘束時間が長い職場が多く、勤務時間も不規則なものとなっています。
拘束時間に関しては厚生労働省が定めた規則で、原則13時間まで、ケースによっては16時間までとされていますが、それでも通常の仕事に比べて非常に長いです。また、勤務時間も深夜のうちに出発して、翌日の深夜や早朝に帰ってくるということも珍しくありませんので、その生活リズムに合わせて家族も動く必要があり、なかなか結婚が難しい原因の一つとなっています。
拘束時間に関してですが、会社によっては規定を守らず、普段から13時間を超えて拘束する会社もあります。自信がそういった会社に勤めていて、まともに家に帰れないということであれば、転職によって改善できる可能性が有ります。もちろん、規定で決められた13時間は日ごろから拘束される可能性が高いので、それを超える場合、転職で改善できるという条件付きですが、限度を超えた拘束時間が原因で結婚できないとお悩みの方は転職を検討してみてもよいでしょう。

 

まとめ

 

今回はトラック運転手が所帯を持てない原因についてご紹介いたしました。長距離を運転する必要があるため拘束時間が長かったり、勤務時間が不定期でなかなか日中に変えることができないというものや、給料が安くて結婚してやっていく自信が無いというもの、様々な理由が有りますが、その一部は転職することで労働条件を改善して、解消することができるかもしれません。結婚相手を見つけるのも、結婚後の生活も大変になる可能性のある職種ですが、もしも理由が転職で改善可能であれば、検討してみるとよいでしょう。