転職・年収情報/求人サイトランキング

MENU
Home > トラック運転手の仕事時間、休憩時間、休日について解説

トラック運転手は運転免許を取得していればすぐに働けてかつ需要も高く、求職中の人にとって魅力的な条件といえます。しかし、仕事時間が長いのに、休憩時間は短くて休日も少ないのではと懸念される人もいるはずです。自分の身を自分で守るためにも、労働規定は知っておかないといけません。働く会社が労働規定を守っているかを確認することもできるでしょう。

 

連続運転が可能な時間とは

 

厚生労働省が策定した「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」の規定より、連続運転は4時間までとされています。4時間を経過後は30分以上の休憩時間を取ることが義務付けられています。規定を運転事業者が無視した場合、「貨物自動車運送事業輸送安全規則」に違反し、罰則が科せられます。初回違反の場合は警告がされて、再違反となると20日間の車両使用停止処分となります。4時間の間に1回10分以上の休憩時間を分割して取るという方法を選択しても問題ありません。時間に追われる場合には30分以上の休憩時間を取るのが難しくなってしまう場合もあるため、状況に応じて使い分けをしていくのがよいでしょう。

 

また、拘束時間は1日13時間までが基本となるものの、15時間を超えての拘束は週に2回までという条件で上限16時間が認められています。1か月の拘束時間は293時間までであるものの、書面による労使関係を結ぶと最大320時間まで拘束が可能です。1か月の拘束時間が293時間を超えた場合は、どこかの月の時間を減らして1年間で3516時間以内にしないといけません。

 

荷下ろしや積み込みのときの時間の扱いとは

 

トラック運転手の仕事は運転をして物を運ぶだけではなく、荷下ろしや積み込みも含まれています。荷下ろしや積み込みの作業時間も連続運転時間と取り扱われます。さらに、荷下ろしや積み込みを待つ時間となる荷待ち時間については、拘束時間として取り扱われるため、残業代を満額受け取れます。もちろん、拘束時間が延びてしまうことは休憩時間が短くなることにつながります。例外として、トラックがフェリーに乗っているときは、仕事をしているわけではなく、休憩時間として取り扱われます。

 

トラック運転手の休日のルールは複雑

 

トラック運転手の休日のルールは勤務を終えて8時間以上の連続した時間が1休日となるものの、拘束時間が日をまたがることも少なくありません。会社によっては「休息時間+休日」で1休日となっている場合もあります。しかし、また、休息期間は8時間以上でないといけないため、「休息期間8時間+休日24時間を合わせて32時間」の時間が確保されて1休日にあたります。休日出勤については2週間で1日までしか認められておらず、有給休暇についても社員から申請されれば会社は拒否できません。

 

トラック運転手の仕事時間や休憩時間、休日は曖昧になっている場合も多いです。特に規模の小さい会社の場合はイレギュラーに対応するのが難しく、働く社員に無理をしてもらう方法を選択することが少なくありません。しっかり休んで万全の状態で仕事をしないと、疲労が回復できずに重大な事故につながる恐れもあります。大手の会社を選択すれば、長時間の仕事も人員の量で対応ができるので、コンプライアンスを重視する傾向にあります。

 

まとめ

トラック運転手として働く以上、仕事時間、休憩時間、休日については事前に把握しておかないといけません。働きたいと思う会社がある場合にこれらの労働規定を守っているかどうかを確かめることもできます。大手の会社を選択すれば規定が順守されている場合も多くなりますが、すべての会社が労働規定に順守しているわけではないのも事実です。安心して働ける会社を選択するためには、求職者自身が労働規定を知っておくことが重要となります。