転職・年収情報/求人サイトランキング

MENU
Home > トラック運転手の仕事内容・業務内容についてをご紹介いたします

 

20代の方でトラック運転手の仕事をしようと考えている人もいるでしょう。トラックの運転手と聞くと、なんとなく大きなトラックに荷物を載せて運転をするという漠然としたイメージはありますが、具体的にどのような仕事をするかまでわかっていない人も少なくありません。種類ごとに業務内容が変わってきますので、その内容についてご紹介します。

 

20代の大型トラック運転手の仕事内容

 

主な仕事内容は指定された荷物を荷揚げ場所から荷降ろし場所まで配送する仕事となります。走行距離が長くなるケースが多く、場合によっては日をまたいだり、車内で睡眠を取ることもあります。
もちろん、旅行のように全国を回れる、ドライブとしての仕事ができる、自由に自分の時間を持てる、人と気難しい打ち合わせをせず、自分の判断で考え、運転ができるなど、自由かつ、様々な見分や文化、そして仕事場での感謝や感動を味わうなど貴重な体験を通して人間的に成長を遂げられる部分も少なくありません。

 

勤務形態は運送会社の正社員として働くという方法と、下請けとして働く場合に分かれます。正社員の場合は多くのケースで会社所有のトラックを使用して、売上に応じた歩合給を貰う事ができます。委託の場合は出来高による歩合制が殆どとなっており、扱った件数や売上に応じて元請けの運送会社から報酬が支払われます。報酬には経費も考慮されますが、車両は持ち込みのケースが多く、メンテナンス費用等は自己負担のケースが多いものとなっています。
運転するためには11t以上の大型自動車免許我必要となります。

 

20代の中型トラック運転手の仕事内容

 

主な仕事内容は依頼された荷物を集配所や荷揚げ、荷降ろし場所まで運ぶことです。フォークリフトを使ってのあげおろし作業も兼任するケースがあります。移動距離は大型に比べて短く、日帰りで移動できる距離のケースが多くなっています。
勤務形態としては運送会社の正社員として働くケースや派遣社員として働くケース、運送会社と契約をして自身のトラックで働くなど様々なものがあります。働き方や働き先で業務量は大きく変わり、ニーズの高い職種となっています。
業務を行うためには5t以上、11t未満に分類される、中型自動車免許が必要です。

 

20代の小型トラック運転手の仕事内容

 

般生活にも浸透している非常に需要の高い職種となっており、国内大手の運送会社のトラックを町中で見ることも多いでしょう。集荷や配達でものを客宅まで運んでいるトラック運転手の多くがこの小型トラックのドライバーです。普通自動車免許で運転できるトラックで集配所から集配所へのルート輸送や、宅配業務が主な業務内容となります。大型や中型トラックによって主要都市の集配所から集配所へ集められた荷物を、最終的な宅配先に運ぶことになり、一般の方が荷物の輸送や配達を頼んだ際に接することになる、馴染み深い職種となっています。
勤務形態は、運送会社の正社員として勤務するものと、派遣社員として勤務する2パターンが殆どを締めており、勤務時間は務める会社によって変わります。
運転するため必要な免許は普通自動車免許のみですが、普通自動車しか運転したことがない人が大きなトラックを運転するためにはある程度の経験が必要ですので、最初はドライバー補佐として経験者と一緒に勤務をしたのち、独り立ちするというのが多くの流れとなっています。

 

その他トラック運転手について

 

トラック運転手の職種は上記3つ以外にも様々なものがあります。
まず軽貨物配送ドライバーですが、小包や封筒などの比較的軽い荷物を届けたり、集荷したりするのが主な業務となります。重い荷物を持たなくて良いので、女性や高齢のドライバーも多いのが特長です。
次にトレーラー運転手です。トレーラーとは牽引貨物自動車のことで、コンテナやタンクローリー、キャリアカーなど様々なものを牽引して輸送する業務となります。重たく、大量の荷物を積んで長距離を移動するケースが多く、大型自動車免許の他にけん引免許が必要となります。

 

まとめ

 

今回は20代のトラック運転手の仕事内容について、職種に合わせてご紹介させていただきました。一口にトラック運転手と言っても、職種によって必要な免許や業務内容が大きく変わります。自身の働きたい仕事内容に合わせて、免許の取得や就職活動を行うようにしましょう。