転職・年収情報/求人サイトランキング

MENU
Home > トラック運転手に必要な資格について詳しくご紹介いたします

トラック運転手と一口に言っても、その種類は意外とたくさんあります。それぞれ就職するためには必要な資格が違いますので、自分がなりたいトラック運転手の職種ごとに、必要な資格を把握しておきましょう。

 

長距離大型ドライバー

 

トラック運転手と聞いて思い浮かべやすいものの一つである、長距離大型ドライバーですが、就職するためには大型自動車免許が必要となります。
トラック運転手の花形職業となっており、他の職種に比べて高給を得ることができる業種となっています。個人で独立して仕事の委託を受けている人も少なくなく、働き方次第で更に給料を上げることが可能です。
長距離を長時間掛けて運転することになりますので、長い時間集中して運転するスキルや、荷卸しや荷揚げなどで荷物を運搬する力も必要となります。いろいろな場所へ荷物を運送することになりますので、はじめての土地でも問題なく運転することができる運転技術も必要となります。

 

中型トラックドライバー

 

中型トラックドライバーは、主要都市の集配所や、各地の工場や小売店まで荷物を運ぶのが仕事で、使用するトラックが4tから6tのトラックになります。必要な資格は中型自動車免許となっており、大型ドライバーに比べると移動距離が短めになる傾向にありますが、荷物に応じて短距離から長距離まで様々なものがあります。
また、荷役を行うことがありますが、荷物の多くがカゴ台車やパレット積み担っていることが多いため、フォークリフトの免許も所持していると優遇されます。
中型トラックはトラックの種類が豊富にあるため、荷物に応じて多様なニーズのある職種となっています。
上記の通り、フォークリフトの免許が必要となるケースが多いですが、技能講習を済ませていない人の場合、会社によっては資格取得費用を援助してくれるなどのところがありますので、会社の援助を受けて資格を取得することが可能となっています。
荷揚げ、荷卸しがある業務ですので、力に自身がある人や、フォークリフトを使っての作業が得意な人に向いています。また、長距離を運転することになるケースもありますので、一人でいるのが好きな人や、運転をするのが好きな人にも向いています。

 

小型トラックドライバー

 

小型トラックドライバーの主な業務は、集配所から個人宅や法人へ荷物を届けたり、小売店へのルート配送を行います。また、集荷の依頼があれば荷物の引き取りに行くこともあります。普段の生活で接することが多い業種となっています。資格は普通自動車免許、もしくは免許をとった時期によっては準中型免許が必要です。
上記の2つに比べて荷物を運ぶ割合が多く、その種類は小さいものから重量があるものまで様々です。場所によっては荷物を持って階段を登ったり、移動したりしなくてはならないため、体力に自身がある人に向いている職業です。また、お客さんと接する機会も多いため、接客マナーも重要となります。

 

トレーラードライバーの就職

 

トレーラードライバーの就職とは、ヘッドと呼ばれる頭の運転席の部分と、荷台のトレーラーが分離できる構造になったトラックを運転する、トラック運転手のことです。コンテナやタンクローリー、キャリアカーなど、様々なものがあります。
必要な資格は大型自動車免許の他に、けん引免許も必要となります。
後ろについているものが特殊になりますが、主な業務内容は大型トラックドライバーと似ています。

 

まとめ

 

今回はトラック運転手の就職と職種ごとに必要な資格と、向いている人、必要なスキルについてご紹介しました。一口にトラック運転手と言っても、職種が様々あり、それぞれ行う業務が違います。自分の働きたい職業に合わせて、資格を取得するようにしましょう。