転職・年収情報/求人サイトランキング

MENU
Home > トラック運転手として働くにあたって有利になる免許の種類5選

トラック運転手として働くためには普通自動車免許が必要です。事故などを起こさない限りは一生有効であり、取得しておくにこしたことはありません。そして、ほかにもトラック運転手として働くにあたって有利になる免許の種類も多岐にわたっており、一生の職として考える人は特に注目すべき項目です。トラック運転手としてステップアップしていくためには、必要不可欠となります。

 

運送会社から求められる理由になる

 

普通自動車免許を取得しておけば、トラック運転手として働くことができます。車両総重量が5トン未満の車両を運転できるとともに、法改正前なら車両総重量8トン未満まで問題ありません。運べる量に限りがあるものの、すぐに働けるのが強みとなります。さらに、中型自動車運転免許を取得すれば車両総重量が11トン未満のトラックに乗車できます。20歳以上で普通や大型特殊を持っている期間が通算2年以上であることが受験資格です。4トン車から賃金が高くなる傾向にあるため、取得すれば会社の利益にもつながります。パワーや積載量が変わることで事故の心配をされる人もいますが、慣れるかどうかの問題であり、目指すべきひとつの道といえるでしょう。

 

大型自動車運転免許に関しても同様です。中型では運転できない積載量や車両総重量の縛りはなくなり、運送会社がぜひとも欲しいと思う人材といえます。小型と比較した場合に給料が倍近く差が出ることも少なくありません。教習や試験の難易度は上がるものの、業務内容の幅が広がり、ステップアップをしていくにあたって重要なポイントとなります。

 

運行管理者の資格について

 

トラック運転手への運行指示を行う運行管理者の資格は運動会社の生命線ともいえる役割を担っています。運送会社には必ず運行管理者が選任されており、会社の規模が大きくなるほど運行管理者の人数を増やさないといけません。運送するにあたって直接関係があるわけではないものの、運送会社からすれば目を引く存在になります。

 

実務経験が1年以上であれば受験資格を得られるため、まずは実務経験を積むのが大切です。事務職でトラックの配車を行っている人の多くは運行管理者資格の取得を勧められます。また、事故などを起こしてもしも運転停止となった場合に、別業務ができるというのもひとつの保険となるでしょう。事故は注意をしていても絶対に起こさないと断言できるわけではありません。さらに、事故を起こしているかは別として、運行管理者の資格を取得していると選任される可能性もあります。会社にとって頼れる存在となるのも大きいです。

 

さまざまな場面で役立つ資格について

 

玉掛作業者の資格はトラック運転手と密接な関係にあります。荷下ろしや積み込みをするときにクレーンを使用する機会も多く、玉掛作業者の資格は必須です。毎日行う作業の負担を少しでも軽くすることは、肉体的にも精神的にも疲労を少なくすることに繋がります。

 

フォークリフト運転技能者の資格に関しても同様です。パレットを使用してフォークリフトでの積み下ろしが当たり前となっている昨今において、取得しておけば便利であるのは間違いありません。積み下ろしにおける事故を少なくするという意味にも繋がってきます。どちらも取得が容易であるとともに、他業種でも活用できる場面は少なくありません。

 

まとめ

 

トラック運転手として働いてステップアップをしていくためには経験を積むだけではなく、役立つ免許や資格にも注目した方がよいでしょう。運送会社からすれば、何でもできる人材は是非ともほしい人材です。ただ運転ができるというだけでは仕事内容も限られてしまいます。すぐに取得できるものもあれば、多くの時間と費用がかかるものもあります。将来のことを考えて取得する意味は大きく、即戦力の人材として期待される理由にもなるでしょう。