転職・年収情報/求人サイトランキング

MENU
Home > トラックドライバーの将来性と辞めたいと思う人へのアドバイス

 
トラックドライバーという職業に将来性はあるのでしょうか。収入が上がりにくい、仕事内容がきついなど、良いイメージを持っていない人も多くいるかと思いますが、実際のところはどうなのでしょうか。将来性が見込めないため辞めたいと考えている人もいるかも知れません。今回はトラックドライバーの将来性と、運送業界の現状についてご紹介いたします。

 

辞めたいと思われる過渡期にある運送業界

 

トラックドライバー個人の話の前に、現在運送業界は色々なことが変動する、過渡期にあります。インターネットショッピングの普及などによって運送する荷物がどんどん増えているにもかかわらず、トラックドライバーは高齢化しており、新たな戦力となる若手のドライバーの需要が高まっています。
運送業界に対して、仕事がきつく体力が必要だったり、仕事に比べて給料が低いというイメージが合ったりするため、なかなか人が集まらず、定着もし辛いのが現状となっています。
実際に、トラックドライバーの過酷な労働環境がニュースになって社会問題になったり、不況の煽りをうけて中小の運送業者では給料カットがあったりと、ネガティブなニュースも多くあります。
しかしながら、なんとかして若手のドライバーを獲得しようと、クリーンな労働環境や、労働の対価に見合う高給を用意してトラックドライバーが働きやすい環境を作って、人を増やそうとする運送会社の動きもありますので、こういった流れが浸透すれば運送業界で働くドライバーの待遇も良いものになるでしょう。

 

辞めたいと思うトラックドライバーの将来性

 

トラックドライバーの将来性は現状不明瞭な点が多くなっています。自動運転システムによって、トラックドライバーが運転する必要がなくなるという話もありますが、実際に取り入れるためには科学技術の発展だけではなく、法律の整備など、様々な問題がありますので、すぐに起こるというものではなく、科学技術の工場による仕事の消失の問題は他の職種に言えることと大差ないと考えて良いでしょう。
前述した通り、現在、運ぶ荷物の量は年々増えており、運送業者の需要は非常に高いものとなっています。それによって、トラックドライバーの人出も不足しており、需要は非常に高いと言えるでしょう。ですので、給料面から考えるとうまく仕事を選べば高い給料を得ることが可能となっています。
また、体が健康であれば長年働くことができる仕事となっています。大型トラックの運転技術は誰にでもできるものではなく、免許も必要ですので、取得すれば一生モノの技術となります。定年を超えてからも働き口のある業種となっていますので、長い間働きたいという人にもオススメの業種となっています。

 

辞めたいと思うドライバーのキャリアアップ

 

ドライバーは個人で動くことが多く、会社内で昇給はあっても出世とは余り関係がないことが多いです。しかしながら、歩合給を取り入れている会社が多いため、売上に応じて給料を上げることができたり、自身のトラックで業務の委託を受けて働いたりすることができます。
また、免許を取得して運転できるトラックのサイズを大きくすることで、収入を上げることができます。普通免許だけだと、小型トラックでの集荷、配達業務などしかできませんが、中型、大型免許を取得すれば長距離ドライバーとして働くことも可能です。

 

まとめ

 

今回はトラックドライバーの将来性についてご紹介いたしました。ネガティブなイメージを持たれがちな業界ですが、その需要は非常に高いものとなっており、運送業界は人手不足で仕事が非常に多い状況になっています。トラックドライバーになろうか迷っている人、辞めたいと思っている人、その将来性について今一度確認してみてはいかがでしょうか。