転職・年収情報/求人サイトランキング

MENU
Home > トラックドライバーの仕事は楽しい?その魅力についてご紹介します

 
トラックドライバーの仕事内容はどのようなものなのでしょうか。人によっては体力が必要で辛い、給料が安いというようなネガティブなイメージを持っている人もいますが、実際には楽しいと感じながらトラックドライバーをしている人も多くいます。一般の仕事に比べて特殊な業務体型を楽しいと感じることができる人には非常に向いている職種と言えますので、それについてご紹介いたします。

 

給料が高い

 

トラックドライバーは、働き方次第で高い給料を得ることができます。小型のトラックドライバーの場合、そこまで高給を得ることはなかなか難しいですが、長距離の大型トラックドライバーであれば、会社と働き方によって、50万円から100万円の月給をもらって働いているという人も珍しくありません。

 

頑張りが目に見えやすい

 

トラックドライバーの給料は歩合制を撮っているケースが多く、売上に応じて給料が上がっていくため、がんばった分が目に見えて反映されやすく、モチベーションを保ちやすいというメリットがあります。
忙しい時期は働いている時間も長いため、繁忙期の短期間でお金をためてガッツリ遊ぶというような働き方も可能です。

 

人付き合いの煩わしさがない

 

長距離トラックドライバーの場合、業務の殆どの時間を運転して過ごすことになりますので、人付き合いが苦手な人には非常に楽しく働くことができる職業です。
人と関わるのは荷揚げ、荷卸しのときくらいで、それも黙々と作業を行うことになりますので、ほとんどコミュニケーションを取る必要がありません。過去の業務でコミュニケーションがストレスになってしまうという人は、トラックドライバーになることでそういったストレスから開放されて働くことができます。

 

運転が楽しい人には最適

 

トラックドライバーの業務は、当然ですがトラックを運転することです。運転自体が楽しいと感じる人にとっては非常に向いている職業となるでしょう。逆に運転は余り好きではないという人には辛い仕事になってしまうかもしれません。

 

色んな所へ行ける

 

大型トラックの場合、主要都市の集配所から集配所へと、非常に長い距離を運転することになりますので、全国各地の色んな所へ行くことが可能です。荷揚げ作業、荷卸し作業が終わったあとの次の業務にうつるまでの時間で全国各地の観光名所などを楽しむことが可能ですので、旅行が好きな人には楽しい職種となっています。

 

免許を取得できる

 

トラックドライバーとして働くためには、それに応じた自動車免許が必要となります。免許は失効しない限り一生モノの資格ですので、持っていれば年をとっても働き続けることが可能です。会社によっては免許の取得をサポートしてくれるところもあります。

 

自分のタイミングの休憩を取れる

 

トラックドライバーは好きなタイミングで休憩を取ることができますので、自分のペースで仕事を行うことが可能です。もちろん、決められた時間までに荷物を届け無くてはならないため、サボり放題というわけではありませんが、メリハリを付けて働きたい人には向いているでしょう。

 

長く仕事を続けやすい

 

トラックドライバーは免許さえあれば長年働き続けることが可能です。また、人手不足もあって正社員となればそのまま長く続けることが可能です。定年後も続けている人が多い業種となっています。

 

まとめ

 

今回はトラックドライバーの仕事の魅力についてご紹介いたしましたがいかがでしょうか。力や体力が必要なのは間違いありませんが、なれてしまうと楽しく働くことができる業種となっています。トラックドライバーの仕事には様々な魅力がありますので、興味のある方はなってみてはいかがでしょうか。