転職・年収情報/求人サイトランキング

MENU
Home > タクシー運転手を辞めたいときはどうすればいいのか解説いたします

今働いている職場を辞めたい、社会人なら一度は必ず体験すると思いますがその中でもタクシー運転手が辞める際にどうしたらいいのか、気になるお話です。

 

ドライバーのチェックと確認事項

 

まずそもそもなぜタクシーの運転手は仕事を辞めたいと思うのかその理由から紐解いていくと歩合制だからこそ大きく稼げるときもあるけれど基本的には安定しない変動するお給料なのでそのあたりが不安になって辞めてしまうタクシードライバーが多いようです。

 

体調不良に当たり今日は休もう!と思えば多少、融通の利くお仕事かも休んでしまえばその月の給料に影響してくるのでなかなか休めないのが現状ですそしてもし運転中に具合が悪くなったり体調が悪くなったりして休憩したいと思ってもお客さんの手が上がると車を止めてお客さんを押さなければいけないお客様をスルーするわけにはいかないといった点もタクシー運転手を辞めたいと思う人つの要因ではないでしょうか。

 

さらにタクシー運転手は 1 日中座りっぱなしの仕事ですから腰痛や膝の痛みなど身体的な影響が出てしまいそれを苦痛として止める運転手さんもよくいるようです。 いろんな要因を踏まえタクシー会社を辞めようと思ったときにまず辞めるかどうかを判断する基準として今後 10 年を考えたときに自分の体がタクシーの運転手として耐えられるか、体調不良等はお客様を危険にさらす可能性があるわけですから自分が大丈夫だからといって無理に運転することは控えなければいけません。

 

そしてもし辞めたいと思った際には感情的にならずしっかりとその後の転職を考えた止め方をしなければいけません。 どの職業でも大体耳にするのが感情的になってやめたと言うことです。

 

上司と合わない仕事の拘束時間に不満があるといったいろんな要因がありますがそのプレッシャーやストレスが最高潮になったときに不満が爆発して感情的になって辞表叩きつけて辞めると言う話も少なくはありません。 確かにそうやって辞めることで一気にプレッシャーやストレスから解放されてとても気持ちの良い瞬間を迎えることになりますがそれはただ一瞬の話です。

 

その後次の日から待っているのは転職への焦り不安そして心にもお財布にも余裕がなくなってしまいますし今までお世話になった人たちにも顔文字ができませんそしてもし転職したいと思った会社がそのタクシー外車とつながりがあるとすればかなり定職に影響が出てくるでしょう。

 

ましてドライバーを取り巻く業界はいろんな企業や職種とつながりが多いので新のところで思わぬトラブルが発生したりします。 運転手と言うのは拘束時間が長いものの意外と自由な時間を作ろうと思うと自由な時間を作れます。 だとすればスマホを活用して朝昼晩で求人情報誌のサイトを検索して転職情報を探し次の転職先をあらかじめ目星をつけておくことも可能です。

 

今の時代スマートフォンやネットが主流ですから昔よりは簡単になりました有給休暇やと言う会社から与えられた自由な休みもあるわけですからそれをしっかり活用して会社に在籍している間に転職活動をしっかりしておくというのも社会人としてしなくてはならない行動の 1 つでしょう。

 

ただドライバーは 20 代 30 代ならば容易にできた転職もこのご時世 30 後半を過ぎるとなかなか転職活動がままならないと言う話も少なくはありませんので安易に辞めるわけではなくしっかりと自分のやりたいことと自分はこれぐらいの収入があれば生活できると言う計画性のある転職をお勧めいたします。

 

もし有給休暇をそこまでたくさん使わずに転職先が見つかり有給休暇も余っているようであれば最後に有給休暇を使ってエネルギーを蓄えておくと言うのもいいかもしれません。 タクシー運転手を辞めると言う事は特段難しいことではありませんが自分のこれからの生活や転職活動と言うことを考えるがあれば安易に辞めると言う事はお勧めいたしません。

 

まとめ

 

ドライバーはやりがいもありますし、自由度も高いので、興味がある人はぜひチャレンジいただきたい仕事です。ただ自分の体調や精神的な状況を踏まえて心が病んでしまうようであればそうなる前にしっかり転職活動することをお勧めいたします。