転職・年収情報/求人サイトランキング

MENU
Home > タクシー運転手の現実とは?給料、勤務時間、将来性について

タクシードライバーや運転手の仕事は勤務時間が長いにうえに給料も安いというイメージが定着しており、多くの人が敬遠する理由になります。しかし、本当に報われることがない仕事なのでしょうか。多くの人がイメージする現実には大きなギャップがあります。これからタクシー運転手として働こうと思う人は正しい現実をまずは把握した方がよいでしょう。

 

タクシードライバーや運転手の仕事が稼げないといわれる理由

 

タクシードライバーや運転手の仕事が敬遠される理由のひとつであるのが稼げないことです。売り上げに応じて給料が大きく変動する歩合給であるのはメリットにもデメリットにもなりえます。月収にして10数万円しか稼げないと認識される人もいますが、集客努力次第で月収50万円以上稼げる仕事です。いかに多くのお客様を乗せるかが大事であり、経験や年齢に関係なく結果を出せるチャンスがあります。稼げない人はまず売り上げに無頓着で低い給料であることに甘んじてしまっています。具体的な数字を意識して計画した行動をすれば、稼げるようになっていくものです。さらに、分析力が乏しいのも理由のひとつです。事前に情報収集をすることで多くのお客様を乗せることができます。真面目さも稼ぐためには必要な要素となります。自分のペースで仕事をして、休憩ばかりしていると稼げるわけがありません。稼げる人は自分を律することができるのが大きな理由となります。

 

歩合給であるからこそ結果次第で給料は大きく変わりますが、稼げないと嘆いている人にはそれなりの理由があります。地域ごとに利用者数は変わっていくものの、試行錯誤することで売り上げに上げることは可能です。決して稼げない仕事ではありません。

 

勤務時間と年間休日について

 

タクシードライバー、運転手の勤務時間は勤務形態によって異なります。1日10時間働いて月8日~10日休む勤務形態があるとともに、1日19時間働いて月16日~18日休む勤務形態もあります。どちらも勤務時間に応じての休憩時間も設けられているため、必要以上に体力面においての心配をする必要はありません。前者の勤務形態の場合は昼間でも夜でも10時間働き、自身の望むワークスタイルを実現できます。1日の勤務時間は長くとも、休日数も多くて年間休日は110日~122日ほどです。仕事とプライベートのどちらも充実できるでしょう。

 

後者の勤務形態の場合は、1日働いて1日休むというサイクルを繰り返すのが特徴です。休日数を多くしてプライベートを充実させたいと思う人に適しています。年間休日は192日~216日ほどです。

 

タクシードライバー、運転手の仕事には魅力が多い

 

タクシー運転手の仕事はほかの業種と給与や勤務時間が大きく異なるものの、魅力的といえる点が多いです。結果を残せるかどうかで充実できるかどうかは変わっていくものの、自由度が高くて創意工夫次第で稼げる仕事となります。マイナスのイメージを抱くの多くの人は稼げない人がほとんどです。さらに、希望した勤務形態に就けなかったという嘆きもあります。稼げるかどうかはそのとき次第であるものの、勤務形態や待遇面などを精査して自分に合っているかを考えて選択すれば、後に後悔することはなくなります。

 

 

まとめ

 

タクシー運転手の仕事はマイナスのイメージを抱く人が多いものの、現実は違います。誰にでも稼げるチャンスがあり、希望した勤務形態で働くことが可能で、休日数も多いです。売り上げを上げるのは決して簡単ではありませんが、稼げない人の特徴を加味して創意工夫をしていくことで自ずと結果は出ます。安定して高収入を得られるようになれば、ほかの業種を選択するよりも多く稼げるようになります。充実している人と充実していない人の差が大きいからこそマイナスのイメージを抱きやすいというのが真実です。