転職・年収情報/求人サイトランキング

MENU
Home > タクシー運転手の平均年収、給料の仕組み、給料を上げる方法とは

タクシー運転手として働きたいと思っているものの、どれぐらい給料がもらえるのかがまず気になるところになるでしょう。ほかの業界と給料形態で大きく異なるのは、歩合給が導入されていることです。完全歩合給の会社もないわけではなく、給料の仕組みについての理解を深めることが大切です。また、給料を上げる方法も身につけていきましょう。

 

地域別タクシー運転手の平均年収について

 

タクシー運転手の平均年収は地域によって大きな差があります。車の保有台数や公共交通機関の発達具合、さらには高所得者が多いかどうかの影響もないわけではありません。東京の場合は平均年収がおよそ443万円と群を抜いて高いです。稼げる人の場合は600万円以上の収入があります。大阪の場合は平均年収がおよそ368万円であり、東京に比べると街の広がっている範囲が狭いことが年収の差の理由です。神奈川の場合の平均年収は大阪とほぼ同じで、およそ360万円です。夜間の人の移動が少ないことが年収の差に影響しています。地方都市では、平均年収は一気に下がって200万円前半となる都道府県も少なくありません。車の所有率が高くなるため、飲酒をした場合に代行を使って帰る人が多くなるのことがひとつの要因です。

 

あくまでも平均年収であり、稼げる人と稼げない人の差は非常に大きいです。しかし、ひとつの目安として平均年収は覚えておいた方がよいでしょう。これからタクシー運転手として働こうと思う人は入社する会社の見極めはもちろん、どの地域であるかも注目した方がよいでしょう。

 

タクシー運転手の給料は歩合給

 

タクシー運転手の給料は運賃から支払われる歩合給となります。固定給+歩合給という会社もないわけではありません。多くのお客様を乗せることでどんどん年収が高くなり、サボってしまうと年収は低くなります。また、大手、中小、零細によっての違いもあります。大手の場合は優良顧客を抱え、年収は高くなる傾向にあるものの、中小や零細は指名乗りが少なくて不利な場面も少なくありません。しかし、融通が利くというメリットもあるため、いちがいに稼げないというわけではありません。

 

頑張りの度合いが給料に影響しやすいのが特徴となります。さらに、日勤よりも夜勤の方がタクシーの利用者が多くなり、年収は高くなる傾向にあります。毎日深夜割増の時間に働けるのもメリットのひとつです。

 

給料を上げるための効果的な方法について

 

給料を上げるための効果的な方法のひとつは裏道や抜け道を覚えておくことです。タクシー運転手の必需品であるメモ帳にメモをしておけば、効率的にお客様を乗せることができます。また、タクシーを求めるお客様の手が上がる場所も把握しておきましょう。今や必需品といえるスマートフォンにメモをするのでも問題ありません。会社を選ぶのにあたっては、所有台数が多いことが注目点になります。余剰所有される台数の率を低くできて、維持費の抑制につながります。配車もしやすくなって集客率も高くなっていくのことは大きなメリットです。

 

体一つで稼げる仕事ではあるものの、必需品であるメモ帳やスマートフォンを上手に活用して情報収取や情報の整理をすることが大切です。また、経験から得た頭脳も稼ぐうえにおいての必需品となります。多くのお客様を乗せられる仕組みを確立すれば、頭脳が大きな武器となり、必需品といえるようになります。

 

まとめ

 

タクシー運転手の給料は完全歩合給か固定給+歩合給となります。どちらであっても集客努力をしないと満足ができるだけの年収とはならないでしょう。地域によっての平均年収には大きな差があるため、事前に把握しておくべきです。また、稼げる人と稼げない人の差が大きいのも特徴です。どういった人が稼げるのかを頭に入れておきましょう。集客努力がそのまま収入に直結し、平均年収を大きく超える稼ぎとすることも可能となります。