転職・年収情報/求人サイトランキング

MENU
Home > タクシー運転手の労働時間ってどれくらいか詳しく解説いたします

タクシー運転手の労働時間と言えば人々のイメージでは朝から晩までずっと運転している休まる暇がないと言うイメージがあります。 ですが中にはずっとお客さん待ちをしているタクシーもよく見受けられます。では実際問題タクシー運転手の労働時間と言うのは 1 日あたりどれくらいなのかということを書き綴っていきます。

 

時間携帯について変わる

 

はじめにタクシー運転手と言うのは朝から晩までずっと運転しているわけではなく勤務形態が大きく分けて 3 つあります日勤、夜勤、隔日です。日勤とは一般企業と同じように朝 7 時ごろに会社を出庫して夕方 5 時ごろまでに帰庫すると言う勤務形態です。 1 日の労働時間はおよそ 10 時間ほど休憩時間は 1 時間以上になります。

 

ですが深夜と違って深夜割り増しがないのでタクシーの稼げる金額と言うのは平均よりも低くなりますし昼間と言うのはなかなかタクシーの売り上げが上がらないので日勤を希望するのは女性タクシードライバーや年金受給者、夜の運転が苦手な人や訳があって隔日勤務できない人などがこれにあたります。

 

日勤の労働時間は一般企業とはあまり変わらないので難なく受け入れやすい勤務形態とも言えます。 夜勤と言うのは夕方の 5 時ごろサラリーマンの皆さんが退社する頃に出庫して深夜の 3 時ごろまでに会社に帰ってくると言う勤務形態です。 こちらも 1 日の労働時間は 9 時間から 10 時間位です。休憩時間はおよそ 1 時間以上です。

 

稼げる時間帯

 

タクシーの運転手として稼げる時間帯と言うのは決まっておりおおよそ夕方から深夜までと言うのが 1 番稼ぎ時の時間帯となります、なので夜勤を希望する運転手の方はガッツリ稼ぎたい方や道路が空いているから運転しやすいからと言う方が多いようです。

 

ですが夜勤と言うのはお酒を飲んで酔っ払っている方を運ぶと言うのは付きものでして 1 日の間に必ずと言っていいほど酔っ払いのお客様を載せることがありますのである程度その対処をしっかりできる人が良さそうです。 ですが夜勤は未経験から入社してすぐに配属される勤務形態とは言えません。

 

ある程度お昼の一般勤務でなめた後に夜勤に組込まれると言う場合が多いようです。 ベテランで稼ぎたい人は大体の形は夜勤を希望します、すると新人はなかなか、夜勤に入れないということが往々にしてあるようです。 そしてもう一つ隔日勤務と言うのは、勤と同じように朝の 7 時に出庫して夜勤と同じように深夜 3 時に帰ってくると言った金携帯です。 勤務時間拘束時間はおよそ 20 時間休憩はおよそ 3 時間も休憩なので、実際の労働時間は 17 時間です。

 

次回出勤するのは退勤した日の次の朝およそ 24 時間以上の休息が必要になります ですが隔日勤務と言うのは体力がある方にしかお勧めできません。 なぜならほぼほぼ徹夜みたいなもので 1 日中車の中に缶詰で集中力を途切れることなく運転しなければいけないのでしっかりとした体力がある方なければかなり厳しい勤務形態となります。

 

ですが逆に言えば体力のある方は徹夜明けの状態で遊びに行ってがっつり遊ぶことができるので捉え方を変えれば休みが多い、そんなような状態になります。 実際に乗って運転する以外のやらなければいけないと言うことがたくさんあります。

 

出庫前の車の綿密な点検や個人的な買い物や準備、洗車、日報、納金と運転以外にもやらなければいけない仕事がハイヤーにはたくさんありますですがドライバーは完全歩合制ですからこういったお仕事はお金にはなりませんのでハイスピードで全ての仕事を終わらせて 1 早く帰れるようにするのがベストです。

 

まとめ

 

ここまで書いたようにタクシーの運転手と言うのは 3 つの勤務形態があり 2 つの勤務形態、日勤夜勤は普通のサラリーマンと同じ位およそ 10 時間程度の拘束時間。 そして隔日勤務と言う勤務体系はおおよそ 20 時間程度の拘束時間といった労働時間になります。