転職・年収情報/求人サイトランキング

MENU
Home > タクシー運転手の仕事は楽なのか?給与システム、勤務形態について

タクシー運転手の仕事を楽と感じる人もいれば、大変であると感じる人もいます。感じ方に大きな差があるのは給与システムや勤務形態が特殊であるためです。ほかの業種とは大きく異なる点も少なくありません。これからタクシー運転手として働くことを考えている人は、まず詳細を把握したうえで自分に合うかどうかを精査すべきです。

 

タクシー運転手の給与システムの特徴

 

タクシー運転手の給与システムは歩合給であることが特徴です。固定給+歩合給という会社もあるものの、完全歩合制の会社が大半となります。どれだけ多くのお客様を乗せることができるかによって給料は大きく変わっていきます。ほかの業種の場合は固定給であるため、安定を求める人にとっては理想の給与システムといえるでしょう。

 

タクシー運転手の給与システムはアップダウンが激しいです。大型連休や大きなイベントが頻繁にある月は労せず稼げる一方で、比較すると否応なしに売り上げが下がってしまう月もあります。毎月安定して給料をもらうのは難しく、やりがいと感じるか不安と感じるかは個人差があります。歩合率は会社によって異なるものの、多くの場合で5割~6割です。自分ひとりで仕事を行うのでマイペースに仕事ができるものの、稼ぐためには試行錯誤が必要です。

 

3つの勤務形態について

 

タクシー運転手の勤務形態は日勤、夜勤、隔日勤務の3つあります。日勤や夜勤は1日8時間~10時間が勤務時間となります。隔日勤務の場合は1日18時間~19時間の勤務時間です。日勤や夜勤の場合は休日数が8日~10日ほどとなり、隔日勤務の場合は休日数が18日~19日となります。3つのうちどの勤務形態が自分に合っているのかを考えるのが大切であり、合わない勤務形態を選択してしまうときついと感じることも多くなっていくでしょう。1日の仕事時間を短くして休日数を少なくするか、1日の仕事時間を長くして休日数を多くするかの問題です。

 

また、稼ぐことを重要視するのなら夜勤を選択するのがよいでしょう。割増賃金となるからこそ稼ぎやすくなるとともに、深夜帯は昼間の時間帯に比べるとタクシーの利用者数も多くなります。特に大都市の場合は稼げる可能性は高まります。稼げるかどうかはもちろん、体力的に問題ないかも塾考してからの選択が望ましいでしょう。

 

休みも多くて稼げる仕事

 

タクシー運転手の仕事は休みも多くて稼げる仕事です。基本的にひとりで仕事を行うため、人間関係で悩むことも少なく、お客様との会話も必要最低限で問題ありません。勤務時間も自由が多くてほかの職種に比べると辞める割合が少ないです。景気がよくなっても一気に売り上げを上げることはできませんが、いきなり利用者数がゼロになることもありません。

 

将来性を考えるにあたっては、法人で10年仕事をすると個人として仕事ができます。自分のペースに合わせて仕事ができるため、休日も休憩も自分の都合で決められます。自分の事業を持つことに高い満足感を抱く人も多く、試行錯誤は必要であっても稼げる可能性も高いです。地道な仕事なので、華々しさはありません。しかし、安定した公共交通機関の一種であり、今後なくなる仕事ではないのも魅力的です。

 

まとめ

 

タクシー運転手の仕事は給料が安くて休日数も少ないうえに勤務時間が長いというイメージが定着しているものの、売り上げがすぐに給料に反映されることが魅力です。休日数もほかの業種よりも多くすることもできます。勤務時間も勤務形態の選択によって自由に選択可能です。楽と感じるか大変と感じるかは売り上げによって左右されるのは間違いありません。マイナスのイメージを抱いている多くの人は自身の仕事が充実していないことに起因しています。