転職・年収情報/求人サイトランキング

MENU
Home > タクシー運転手の仕事はきつい?やりがいがあるといえる理由

タクシー運転手の仕事は一般的にきついといわれています。しかし、具体的に何がきついのかを知らない人も少なくないでしょう。給料や勤務時間やノルマ、さらには体力的にきついと感じる人も多いようです。これからタクシー運転手として働きたいと思う人はきついといわれる理由を知っておくべきでしょう。また、同時にやりがいがあるといえる理由も知っておいた方がよいでしょう。

 

タクシー運転手の仕事がきついといわれる理由

 

タクシー運転手の仕事がきついといわれる理由のひとつが、勤務時間についてです。隔勤勤務である場合はおよそ20時間の勤務時間となります。長時間の勤務となるため、服装が会社支給であるのがきついと思う人もいます。夏場の場合は特にお客様と服装が異なるため、体感温度に大きな差もあります。服装に細かい規定が設けられているため、肩っ苦しいと感じる人もいるはずです。しかし、会社によっては服装をクールビズにし、ジャケットとネクタイを廃止しているところもあります。また、勤務日翌日は必ず休みとはなるものの、次の日の朝に起きるのがつらく、体力的にきついと思えるシーンも多くなっていくものです。また、夜勤の場合は深夜帯に働くことになるため、早朝まで起きていることがきつくなることも少なくありません。深夜帯は割増賃金となるため、稼ぎやすくはなるものの、体調も悪くなりがちです。

 

また、給料が安いことがきついと思う人も多いでしょう。およそ売り上げの半分が給料となり、売り上げによって給料は大きく変わるため、給料が安定しないのが不安である人も多いようです。安定して稼げるようになるまでには多くの時間を要します。歩合率が高い会社でも手数料の天引きが多く、無線や顧客が少なくて思うように売り上げを上げるのが難しい場合もないわけではありません。体力勝負の仕事であるため、年齢を重ねると疲れがとれにくくなってきついと感じるシーンも多くなるでしょう。

 

 

自分の頑張りひとつで高収入が実現

 

タクシー運転手の給料形態は歩合給となっているため、売り上げを上げることですぐに給料に反映されます。ほかの仕事の場合は結果を残したとしてもすぐに給料に反映されることはないので、大きな違いといえるでしょう。

 

もちろん、売り上げを上げるのは簡単ではないものの、工夫次第で平均年収よりも稼げている人も少なくありません。二種免許を取得することで、個人タクシーになれる可能性も秘めています。将来性が乏しく稼げないといわれている仕事ではあるものの、気持ちの持ちようでモチベーションを向上させることができます。

 

人間関係での悩みが少ない

 

タクシー運転手として働く人のなかには異業種から転身者も多いです。人間関係の悩みが理由で転職をした人も少なくありません。タクシー業界は基本的にひとりで仕事を行うからこそ、厳しい上下関係で悩むことはまずありません。適度な距離を保ちながら仕事仲間と接することができるため、働きやすいと感じる人は多いです。完全に自由気ままに働けるというわけではないものの、過度な管理もありません。お客様と会話をすることもありますが、基本的に余計な言葉を発することもないため、口下手な人でも問題なくこなすことができる仕事です。

 

 

まとめ

 

タクシー運転手として働く以上、服装の拘束はきついと感じることもあることを覚えておいた方がよいでしょう。また、同時にやりがいがあるといえる理由も少なくありません。給料は売り上げを上げることで満足のいくものにすることができます。勤務時間も無理のない選択をすれば体力面も問題ないでしょう。どういった働き方を選択するか、そして将来に向けて明確なビジョンを持つかが大切になります。求職者であるのなら、まずは働き方を考えて選択するのがよいでしょう。