転職・年収情報/求人サイトランキング

MENU
Home > タクシー運転手の仕事の詳細が知りたい方に詳しく解説いたします

タクシー運転手の 1 日の段取りに関してはタクシー運転手自身が決めることが一般的ですなのでいろんな説がありますが運転手ごとに微妙に異なることがあります。基本的な 1 日の流れを解説いたします。

 

基本ルール

 

まずはルールがあり出庫してから 20 時間 20 分以内に帰ってくること休憩は 3 時間少なくても最低で 2 時間以上は取ること です。走行距離は 1 日 365 キロメートル以内など 、は営業エリアをしっかり守ること各自自分が得意な営業スタイルと言うものがありそれを自己判断によって業務をこなしていきます。

 

隣に上司がいるだけでも上司を見ているわけでもありませんので自分のやりたいように自由に仕事ができると言うのがタクシー運転手の 1 番の魅力ではないでしょうか。 例えば隔日勤務の乗務員の場合は7 時に出勤しまずは制服に着替えます。

 

それから車の点検をしま。ルコール検査をして 15 時間に出庫しますこれが土日の営業の始まりです ですからまず私は運転する以外にこの 3 つの業務があります食生活や食べたい時間などもある程度自由が利きますからある意味では悠々自適な生活を送れるといっても過言ではないでしょう。

 

ですが座ったままの仕事なので健康管理と言うのはかなり重要でカロリーや栄養何かをしっかり考えなければ体を壊してしまう職業とも言えそうです。お昼夕方に目一杯走った後に 1 番営業的な刺激が落ち込む時間帯と言うのを自分で確立しそこの 1 番営業収益が落ち込む時間帯で仮眠をとります。 そして仮眠を取った後にまた走り出し深夜までずっと走りっぱなしで決まった時間に会社に戻ります。

 

会社に戻る際はうまく帰るルートと時間を考えながらお客さんを載せる・載せないをちゃんと判断していきます。 1 日の営業が終わると最後に車の洗車を行います疲れのピークが来ている時間帯ですが車が 1 番大事な仕事ですのでしっかりと洗車をしていきます。

 

ガラスはもちろんのことハンドルやお客様が座るシートなど目に見える細かいところはしっかり掃除しなければいけません。 車庫に戻って運転記録を IC カードに記録し走行距離を日報に書き記します。 1 日の最後にアルコールチェックをし 1 番最後に行われる仕事は未収書の処理になってきます。

 

クレジットカードやタクシーチケット等直接お金を貰わない未収書と言う物の処理を怠ってはいけません。 もし数字が合わなければ銀行のように何度も何度もやり直して計算しなければいけません。

 

処理が全て終わって計算があって後は乗務員証を返却し 1 日の業務が終了します。 仕事が全て終わって 1 日の業務と言う業務が全て終了すると車の従業員と言うのは車で帰りますが公共交通機関を使っている従業員は翌日の始発が出るまで会社にあるシャワー室や休憩室仮眠室を利用して休息を取ることも多いようです。

 

人によっては大変だなと思うようなタクシー運転手の日ですがなぜこの夜にはここまでタクシーが多いのかということを考えたときにやはりタクシーの運転手と言うのはおいしいことも時々あるようです。

 

例えば東京をメインで走っているタクシー運転手さんがお客さんを待っていると窓を叩かれ東京から大阪までお願いしますと売り上げにして 100,000 円以上の売り上げになって 1 日のお給料がチップを含めて約 100,000 円になると言う大きな壱発が時々あったりするようです。

 

 

まとめ

 

その反面一期一会と思えばある程度粗相しても大丈夫と言う運転手もちらほらと見受けられます。タクシーの運転手の業務と言うのは完全歩合ですがその完全歩合になる運転以外の業務と言うものも多いようで全てがすべてお金になると言う甘い世界では無いようです。 ですが昔のバブル経済の時のような状況が日本に戻ってくればもしかしたらとてつもないチップをもらったりして宣伝以外の業務その他の臨時収入などを期待できるそんな業務ともいえます。