転職・年収情報/求人サイトランキング

MENU
Home > タクシー運転手になるために必要な資格ってなにか解説します

タクシー運転手になるために必要な資格とは主には第二種自動車免許であるその他にこれと言う資格について必要は無いといえます。第 1 種運転免許と第二種運転免許の違いなどを詳しく解説いたします。

 

一種との違い

 

第一種運転免許は普通の自動車原付自転車を運転するための一般的な運転免許である。 そのため公道を走っている車を運転している人たちが持っている運転免許がこの第一種運転免許にあたる。 第二種運転免許と言うのはバスやタクシー等旅客自動車を旅客運送のために運転しようとする場合や運転代行の業務として自動車運転する場合必要な免許である。

 

ただし新車の納車やテレビ番組のロケ地に向かうための人を運ぶ運転などは第一種運転免許で運転することが可能である。 ただ第一種免許にも第二種免許にもたくさんの種類がある。 第一種免許は大型、中型、普通、大型特殊、大型 2 輪、、普通 2 輪、小型特殊、原付、牽引です。第二種運転免許は大型第二種、大型特殊第二種、中型 2 種、普通第二種、牽引第二種 があります。

 

仮免許は大型仮免許、中型仮免許、普通仮免許

 

細かい種類に分かれています。基本的に第二種運転免許は第一種運転免許とってから 3 年以上が経っていなければ取得できないため少なくとも 21 歳以上での取得となる。 といったように基本的にタクシーの運転手に必要な資格と言うのは第二種運転免許であるためタクシーの運転手になるには少なくとも 21 歳以上になってくる。

 

またタクシーの運転手になるには第二種免許が必要ですが最初に持っていなくても会社に入ってから免許取得補助があり会社の援助を受けながら明鏡取得できる場合もあります。 そうなるにはまずタクシー会社に採用されることがまず前提となりますがその前に第一種運転免許をとっていてさらに 3 年経っていて第二種運転免許をすぐに取れる状況を持っていなくてはならないというのは大前提となります。

 

そして普通のタクシー会社で働くタクシーの運転手としての資格以外に言えば個人タクシーになるための資格と言うのもあります。 この個人タクシーと言うのはなかなか難しいもので個人タクシーになるための方法としては 3 つの方法があります。

 

1 つは新規に許可を得ること。 2 つ目は既存個人タクシー事業者の事業を譲り受ける事。 3 つ目は既存個人タクシー事業者の事業を相続すること。 と言うこの 3 つになります。ですがこの 3 つのどの場合であれ審査基準がしっかりとあり年齢や運転経歴、法令遵守状況、資金計画等の条件をクリアしている必要があります。

 

その上で申請してさらには法令及び地理試験に合格することが必要です。さらにいえば年齢によって満たすべき条件が変わってきます。

 

35 歳未満の場合など

 

会社に 10 年以上勤務しており 10 年間無事故無違反であることが条件になります 35 歳から 40 歳未満の場合 は申請する営業エリアで自動車の運転する仕事を 10 年以上勤めたことがあること、ハイヤーを運転する職業に 5 年以上勤務しており継続して 3 年以上働いている事このどちらかを満たす必要があります 40 から 65 歳未満の場合 は25 年以内に自動車を運転する仕事を 10 年以上勤めた経験があること です。

3 年以内に 2 年以上またはハイヤーの運転を職業としていることこのどちらかの条件を満たしていなければいけません。 一般的な要件として以上のものが挙げられますですが他にも申請日以前5年間の法令遵守の状況や資金計画や資金繰りの内容などもその対象となります。

 

個人ハイヤーの際の試験条件としては設備資金として原則 800,000 円以上あること、運転資金が 800,000 円以上あること、この運転資金とは自動車車庫に必要な資金と保険料である。

 

まとめ

 

一般的に個人ハイヤー場合はおよそ 2,000,000 円の資金を確保するのが一般的と言われていますそして個人ハイヤーに乘るためには 65 歳になる前に申請する必要がありますまた条件もまずく定められているので個人ハイヤー金運転資格法令遵守をしっかり常に意識しなければいけません。