転職・年収情報/求人サイトランキング

MENU
Home > タクシー運転手って事故を起こしたらどうなるのか詳しく解説します

タクシー運転手が事故を起こしたら実際にどうなるかは会社による部分があります。ケースバイケースの一面もありますが、実際にどのようになるのか、実例や筆者の体験などを通してご紹介いたします。ぜひご参考にしてみてください。

 

道を歩けば必ず横切るタクシーの危険もある運転手

 

少々割高かなと思いつつもついつい甘い誘惑に負けてしまい乗ってしまうなんて言う方も少なくないんじゃないでしょうか。 さて、経験したことがある方もない方もタクシーが事故を起こしてしまった場合、どうなってしまうのか気になってしまうところではないでしょうか。

 

事故にかかった費用は全額負担なのかそれとも会社持ちなのかそのへんも踏まえながら枝のところの「確かに言われたら気になる」の部分まで拾っていきましょう。 まず、皆さんが一番気になる金銭面で結論から言いますと 会社により、こう言ってしまえば元も子もないお話しなのですがじゃあ、会社によってどんなふうに違うのかというところを掘り下げていきましょう。

 

まず、始末書だけで済まされることはほとんどの場合ないかと思います。 減給なんかのペナルティは少なからずかかってくることが多いようです。 逆に言えばペナルティが無ければ当然危機意識は薄れますからあって当然といったところでしょうか、筆者もそこは当然そうであるべきだと思います。 ちなみに労災も使えないことがほとんどのようです。

 

それを認めてしまうということは会社の非を認めてしまうという事ですから、タクシー会社もそれは使いたがるはずもありません、状況によりますが事故はドライバーの不注意で起きてしまうことがほとんどですから。 兎にも角にも事故を起こさないに越したことはありません、タクシー会社もドライバーも被害者も誰一人幸せにならないわけですから。

 

では、事故を起こさない見分け方なんてものはあるんでしょうか。 ないですね、これに関しては筆者も安心な車に乗りたくて調べたりもしましたがこれに関してはリスクをなるべく減らすというほうが正しい気がしてなりません。

 

筆者のオリジナルのリスク回避法ですが割と的を得ているのではないかなと思います。 まず、前提の知識としてタクシー会社のタクシーと個人タクシーというものがありますね。 中でも個人タクシーというのは10年間タクシー等の運転経歴がなければいけませんし道交法違反も一定期間ないというのが条件になってきますから経験豊富なタクシーの運転手さんと言えるわけですね。

 

そういった意味では個人ハイヤーというのは安心できる材料が目に見えるのかなと思っていますから筆者はよく個人ハイヤーを使っています。 ただその半面で会社に勤務しているドライバーの方の方が良いっていう方もおられますね。

 

ドライバーは少なくともサービス業なわけですからお客様に不快な思いをさせてはいけませんね、会社に勤めているドライバーは会社に名指しでクレームが行くのを恐れているわけですから当然、丁寧な接客や運転を心がけますよね、まれにとても運転が荒いドライバーの方もお見受けしますが。

 

そういったことを踏まえるとするならばどちらの側も一長一短、良いも悪いも何を重要視するかで変わってくるのでそこに関しては個人差というか好みの問題ですよね。 話を戻すとタクシーの運転手は事故を起こしても自己責任となる場合が多いようです。

 

まとめ

 

もちろん、会社も多少なり負担はしてくれるでしょうが最終的には始末書や減給等のペナルティが発生してしまいますからドライバーの負担は大きくなってしまうわけですね。 いざ個人タクシーになりないと思っても事故歴が一定期間にあるとなれるものもなれないわけですから事故は起こさないように気を付けることに越したことはないわけですね。