転職・年収情報/求人サイトランキング

MENU
Home > タクシードライバーの現状

タクシーのドライバーの現状は?

 

ここではタクシードライバーの現状の説明をしています。
タクシードライバーに興味を持たれた方なら、読んで置くことをおすすめします。

 

タクシードライバーは定年が高いためか、平均年齢も高め、
定年後に第二の職業としてタクシードライバーになる人もいる様です。
働き方は自由度が高いと言われていますが、1日の勤務時間自体は長くなる傾向があります。
タクシードライバーの平均年齢は56.8歳と、全業種平均と比較すると10歳以上高い。
タクシードライバーの定年は、会社によって異なっており、だいたい、65歳から75歳の範囲が多いようです。

年齢が高い方でも新たに仕事を始めやすいのがタクシードライバーという仕事。
仕事中の動き方から休みの入れ方まで自由に決めることができます。
基本的に最大で月に13日しか働けません。なので、残りの17~18日は休みです。
タクシードライバーは、朝から翌朝まで働いて次の日は休みです。

 

そんなタクシードライバーですが現状かなりの高齢化が進んでいます。元々よいイメージがついていないため若い方がなかなか志望しないからです。
そんな高齢の方もとても頑張っており。というよりも高齢の方でも若い方と変わらずに働ける環境があるというのもタクシーの魅力の一つです。
60歳を過ぎて月給30万円以上を稼ぐ、70歳を過ぎて30万円以上を稼ぐというのはなかなかできる事ではありませんが、タクシードライバーであれば可能です。

 

さらに言えば女性の給与は年収100万円台が一番ボリュームゾーンであるにも関わらず、400万円台などが普通に稼げてしまいます。
これは相当魅力のはずですがまったく周知されていません。
実際タクシードライバー(タクシードライバー)の女性比率は2%台と極端に少ない状態がずっと続いています。