転職・年収情報/求人サイトランキング

MENU
Home > タクシードライバーの服装のルールってあるのか詳しく解説します

タクシードライバーといえばかっちりとしているイメージがあります。タクシーに限らずバス、電車、飛行機と運転手に位置づけられている職種の方々は制服で運転しているのが一般的なイメージではないでしょうか。詳しく服装について解説します

 

運転手の制服が決まっている

 

タクシーも例に漏れず制服が決まっているタクシー会社もいくつかあるようですが基本的には清潔感のある服装なら何でもよいと言えます。しかし乗っている側としてもやはりドライバーの格好は気になるものです。白いインナーに白い股引、茶色い腹巻のような往年のコメディアンを思わせる服装をしているとしたら二度と乗りたくはありませんし、いつ事故が起こるのかと気が気じゃありません。

 

最低でも暗めのチノパンに襟付きシャツにカーディガンなど正装もしくは準正装が望ましいのではないでしょうか。ただ、ひとくちに正装とは言ってもTPO(時、場所、場合)は守ったほうが無難です。

夏なのにロシアの兵隊さんのような温かそうな格好をされてはお客さんサイドも暑苦しい気持ちになってしまいますから、少々大げさな言い方にはなりましたがTPOは最低限守ったほうが良いでしょう。ただ、無暗にカッチリとし過ぎるのも考え物です。

 

ネクタイなどについて

 

セルフ・ハンディキャッピングといってネクタイもしっかり締めていてキッチリカッチリと執事のような恰好で運転されるより少し崩したちょい悪オヤジのスタイルの方が安全運転した際に高評価が得られるのです。
これに関しては不良が捨て猫を拾ったりお婆さんを助けてる姿にキュンとするみたいなギャップ萌えの要素があると言えるでしょう。制服のある会社なら大体の会社は無償貸与のところが多いのですが極一部では有償貸与でお給料から天引きされるということもあるようですので入社の際にはそこをひとつの参考資料とするのも良いでしょう。また一部タクシー会社では着帽を義務化しているところもあります。
時々、おまわりさんのような帽子を着用しているタクシーのドライバーも見かけます。また髪型等の規定はわりかし緩いようです。

 

もちろん運転手が金髪や赤紙髪など奇抜な色や派手な色は注意されますが茶色系であったり暗めの髪色であったりすると許される場合が多いようです。ですが、髭をたくわえてるドライバーはなかなか見ないですね、これに関しては威圧感を与えてしまうため原則禁止の会社もチラホラあるようですね。最近では若いタクシーのドライバーも増えていますからそういった面での緩さはとても時代に合っているのではないでしょうか。

 

アメリカの映画なんかでは髭面でパーマかかった陽気なおじさんがアロハシャツに短パンでサングラスをして煙草をふかしながら運転してる姿なんかが描写されていますがいくら緩いと言ってもああはなってほしくないものです。女性ドライバーのいる会社などではスカートの制服やネクタイではなくスカーフといった女性らしさを前面に出し女性の尊厳を守るなどという取り組みもされているようです。
個人タクシーの運転手さんであればチノパンにきちっとした白のシャツか少しポップだけどあまり派手でないシャツに羊毛ベストを着ている方が多いですね。服装にさほどルールはないようですが一言でいうならば清潔感。そこに加えて服装ではありませんが車内の匂いや服から発せられる匂い、口臭そのへんのケアも怠ってほしくはありませんね。
せっかく、恰好がしっかりしていて好感が持てるのにいざ乗ってみたら不快な匂いしかしないのであればせっかくの清潔感のある服装も無駄になってしまいますから。

 

まとめ

 

ここまで運転手について書いてきたタクシードライバーの服装についてですが何より一番重要なのは清潔感であることがわかりますね。身だしなみには人一倍気を使わないといけない職種です。