転職・年収情報/求人サイトランキング

MENU
Home > タクシーの運転手になるための必要な免許とは詳しく解説します

まずタクシー運転手になるための必要な条件と言うものがいくつかあります。 2 種免許を持っていること。 普通自動車や中型車大型自動車など各種自動車の第一種運転免許のいずれを取得してから 3 年以上が経っていないと 2 週免許の試験を受けることができないなど、ルールを詳しく解説します。

 

二種免許について

 

二種免許取得の試験自体はそこまで難しいものではありません。 ざっくり言えば視力がちゃんとあったり運転手としての適性検査を乗り越えることができれば後は第一種運転免許を取得した時のように学科試験と技能試験それぞれの試験を受けます。

学科試験は第一種運転免許と同様 90% 以上の正解率が必要となってきますですが第一種免許を難なくクリアした形であれば特段苦手意識を持つ必要もありません。 実技に関しては常に車を運転する商売ですから多少なり難しい実技もあるようですとは言っても V 字路という項目が 1 つ増える位なもののようです。

今現在では最低でも 21 歳からでないと第二種免許は受験できないと言うことになりますが今ではタクシー業界が第一種運転免許取得後 2 年間で第二種免許の受験が出来るように改正しようと試みているようです。

そして、タクシー会社によっては地理試験と言う自分が働くタクシー外車のエリアの 1 番近いルートや駅や有名な建物の所在地などいろいろなタクシー運転手としての知識を問われる試験もあるようです。 そして何回試験に落ちたら採用はしませんと言うところもあります。 ですが地理試験がないところも当然ありますのでもしその辺に自信がない方はそういった外車を受験することをお勧めいたします。

 

取得費用について

 

中には運転手になりたいけれど第二種免許を取得するためのお金がないだからタクシー会社で働けないと言う方もいるのではないでしょうか。 今のタクシー業界では人材不足を減らすために応募条件の中に第二種免許持ってなくても就職できるよう外車の方で合宿制度や取得費用の補助を行っていますですからお金がない第二種免許がないからといって運転手になることを諦める必要はありません。

あと条件や資格や試験ではありませんが健康診断はかなり重要になってきます体に何らかの不具合を抱えた状態では運転中に大きな事故や違反などを起こしてしまう可能性があるからです。 体調が悪いと態度にも出てしまいますから丁寧な接客やマナー等もできなくなってしまいます。

会社によってはマナー研修などもあるようです。 タクシー運転手と言うのは小さな空間での接客ようなわけですからお客様を不快にせず気持ちよく過ごしてもらえるよう運転技術の向上や言葉遣いといった一流のマナーが重要になってくるでしょう。

ですがだからといって初めから素晴らしい対応、しっかりしたマナーを身に付けている人はなかなかいません。 そこで一部タクシー会社では接客やマナーの研修というのがあるようです。 運転手は自分以外がお客様を接客する事はありませんから自分が不適切な対応してしまえばそのお客様は自分の会社全体を悪く見てしまいかねませんですからどんなお客さんも自分の対応次第で自分の会社をよく見てくれるか悪く見てくれるかが分かれてしまうわけですから会社としてもしっかりとマナー研修をしていこうとしているわけです。

もし個人ハイヤーをやるやりたいと言う場合にはまた外車にて 10 年以上運転手として勤務していて無事故無違反であることも条件になってくるので個人をやる場合は普通のタクシー会社で勤務するよりもハードルが高くなってきます。

 

まとめ

 

以上分以上踏まえてタクシー会社で働くためには第二種運転免許の取得が最低条件となり加えて地理試験学その辺もしっかり見られますのでそこはしっかり押さえておくのは良いでしょう。